やまのこ保育園

惑星のようす

"オープンデイ特集-ドキュメントウォールの展示をふりかえる「わたし/my space/家」"

2019.11.21
I myself /my space /house (家) two approaches towards “my space”
オープンデイ特集-ドキュメントウォールの展示をふりかえる「わたし/my space/家」

ドキュメントウォールに展示した「わたし / my space / 家−マイスペースへの2つのアプローチ」について、展示に至るまでを振り返ります。
この展示はあけび組保育者で写真家でもあるOさんが主に担当しました。9月にあけび組で家づくりが流行り始め、子どもたちのつくり方や素材、アプローチが実に多様だったので、その探求する姿を追ってみようと思ったのが、家づくりを展示のテーマにしたきっかけです。子どもたちは、家を紙で作ったり、カプラ(積み木)でつくったり、大型組み木でつくったり、竹で作った三角錐のような骨組み(ティピ)にスカーフを巻きつけて壁にしたり、部屋のカーテンに小物を持ち込んでみたり、地面に間取りを描いてみたりと、身近なものを使いこなして多方向から家づくりを続けていました。そして興味深いことに、多くの子が、自身がつくった家に「ここはぼくが寝る場所」「わたしの部屋はここ」「これはわたしのイス」と、自分の居場所(マイスペース)を確保していることが見えてきました。
この3-5歳児の「家づくり」を展示しようと企画会議をする中で、そういえば、0-2歳児も家ごっこをしたり、小さな隙間に挟まって佇む様子がよく見られるけれど、あれは家なのか?何だろう?という問いが見つかったことです。家づくりと、隙間に挟まる行為との間にどのような繋がりがあるのか。それを展示によって考えてみようと、展示が作られていきました。以下、展示の紹介文です。

In this text I shall look back on one of the exhibitions “I myself/my space/house” -two approaches towards “my space”, and how everything all started.
Ayumi Osan, the Akebi class staff and the photographer at the same time, played the main role in creating this exhibition. Around September, house building became one of the class trends; witnessing all the different ways and materials used in the classroom, we thought it might be a fun idea to observe and document, and set the theme of exhibition as house making. Accumulating pieces of wood blocks from big to small, covering the bamboo tipi with fabric, bringing small items from classroom to behind the curtain, drawing floor plan on the ground outside -children would make full use of materials around themselves to create their houses in all their ways. And what was even more fascinating was that many children keep their “own space” in the houses built by them, for instance, by calling out “this corner is where I’m sleeping,” “my room is here”, and “this is the chair I made”.
It all started when the exhibition team members had a meeting, and the idea of frequent “house-making” activities by 3-5 year olds had been brought up as exhibition material. Then our discussions developed into a question; we also see 0-2 year olds playing “house” and silently sitting around between a small gap between big materials…is that a house for them? How can we describe this tendency? Perhaps there is some sort of a connection between house making activities and sitting or being sandwiched between the materials. We decided to set this question as our research theme and create the work. Below is the caption of the actual exhibition:

ここには子どもたちが日々の遊びの中で「マイスペース」にアプローチする大きく2つの探求する姿や痕跡を展示しています。
ひとつは、子どもたちが、自身にフィットする「マイスペース」をあちこちで発見し、安心した面持ちですっぽりと〈小さな隙間にはまる姿〉。もうひとつは、3-5歳児たちが自らの住まう空間(家というマイスペース)を生み出す〈家づくりをする姿と痕跡〉。
子どもたちはなぜ小さな隙間にはまるのでしょうか。
子どもたちにとって、家づくりとはどのような意味を持つのでしょうか。
小さな隙間に滞在する子どもたちは、その身体的な経験を通して、自分の身体の大きさや輪郭、そして、自分自身(わたし)の存在を確認しているかのように見えます。
また、家づくりに熱中する4-5歳児の子どもたちが、「うちにあそびにおいでよ」と言うとき、そこにはどこか自分を紹介するような響きがあり、家は自分自身である、という感覚があるように思われます。さらに、捕まえたバッタを、「もうお家に帰してあげよう?」「お母さんに会えるお家に帰してあげよう?」というシーンでも「家」という言葉が登場するのが興味深いところです。子どもにとって、家とは、「母」と同じように、安心できるマイスペース・安全基地であり、その存在があることで、自分自身の存在を確かめていくための(逆に言えば、それを失うことは、自身の存在を喪失するほどに大きな意味をもつ)重要なファクターなのではないかと考えました。
子どもたちが隙間というマイスペースに佇むのは、わたしの存在を確認するためではないか。そして、家づくりもまた、家という自身の安全基地を、空間や紙に可視化・定着させることを通じて、その存在を内在化させながら確認し、わたし自身を確認する行為なのではないか。
わたし/マイスペース/家というタイトルは、ここから生まれました。

In this corner we exhibit the two different state and trait of children exploring their own “space”.
One is children finding their own “space” that perfectly fits them here and there, and squeezing themselves into a gap looking satisfied. The other one is children aged 3-5 creating their “living spaces” called home by building from scratch.
Here we question; why do children fit themselves in a gap?
What does it mean for children to build a house?
From our point of view, children who spend their time in a gap seem to be acknowledging the existence of themselves, the shapes and forms of their physiques. Also, when 4-5 year olds (who shows the most passion towards house building) tell us “come visit mine!”, it sounds as though they are introducing themselves, which makes it sound like they have a particular sensitivity that they are the house itself. Moreover, it motivated our curiosity in the scenes where children say “let’s return the grasshopper home,” “why don’t we take him back home so he can see mummy,” frequently using the word “home (家)”. For children, “home” is a space or a zone that reassures them with security, just like “mother”, and a vital factor to realise the existence of oneself (in other words, the loss of “home” would practically mean the loss of self).
Perhaps the reason why they try to fit in the gap, or so it is called “own space” is because they want to acknowledge their own existence. What’s more, they do house-making probably to visualise and confirm their own place safe and secure called home, and internalising it to realise themselves.
And this is how the title, “I myself/my space/house” -two approaches towards “my space”, had come up.

RELATED

"オープンデイ特集[3]問いを追いかけて見て。あれはなんだったろう?

2019.12.09

オープンデイ特集[3]問いを追いかけて見て。あれはなんだったろう? – 心を傾ける時間

A Moment to Bend Your Mind to Others

"オープンデイ特集-問いを追いかけて見て。あれはなんだったろう?

2019.11.21

オープンデイ特集-問いを追いかけて見て。あれはなんだったろう? – 身体の地図をつくる

To Become Aware of Your Body

"オープンデイ特集[2] 問いを追いかけて見て。あれはなんだったろう?-生と死のリアリティ"

2019.12.02

オープンデイ特集[2] 問いを追いかけて見て。あれはなんだったろう?-生と死のリアリティ

Life, Death and It's Reality

"オープンデイ特集[1] やまのこオープンデイを終えて"

2019.11.25

オープンデイ特集[1] やまのこオープンデイを終えて

Looking Back on Yamanoko Open Day 2019

BACK TO TOP