やまのこ保育園

惑星のようす

"月の計画ーマインドマップ"

2019.07.26
Planning the Month: Mind-mapping
月の計画ーマインドマップ

富士山の頂上に降り注いだ雨が湧き水になるまでに、3年の月日がかかるそうです。山の地中深くに染み込んだ水が、いくつもの地層によって濾過され伏流水となり、湧き水として地表に現れる。そんなイメージを持つと共に、私達の思考もまた同じようなものなのではないかと思いました。いまこの瞬間に私が思いついたアイデアは、随分前に出会った何かの出来事や言葉が過去の経験という地層をくぐり抜けて、あるきっかけによって頭の中に浮かび上がってくる、そんなものなんじゃないかと。そう考えれば、わたしたちが「新しい」と思っているものも異なる視点で眺めてみるともう十分に古いのかもしれない、と連想しました。

It is said that it takes 3 whole years for rainwater, fallen on top of Mt. Fuji, to transform to spring water. Absorbed into deep ground of the mountain filtered through layers of stratum, the underground water then springs on the ground surface. This, I feel, can be the best- metaphor of our process of thinking; a fresh new idea I’ve just come up with is triggered from some particular points of my life, thoroughly filtered through layers of my words, my experiences and encounters from the past. If we think about it based on this theory, it may be that anything we all believe as “something new” can already be quite old-fashioned, depending on which point of view we choose to have.

 

子どもたちが生きていく未来を見据えて教育を新たに組み立てようとする時、私たち大人たちの思考は未来から見ればとても古いという認識から出発しなければならないと思います。私たちが長い月日をかけて積み重ねてきた固定観念を完全にとりはらうことはできませんが、既にある枠組みを意識し、その外に出ることは可能です。やまのこでは、常に自分の枠組みを意識し、その外に出て新たに組み立て直しつづける人に保育者一人ひとりがなるために、合宿などを通してさまざまな取組みを続けてきました。

When we work on establishing a brand new education for children and the world they live in few years ahead, I believe that we adults all need to start off with this recognition: from the future point of view, how we think is currently already too old-fashioned. It is impossible for us to get rid of the stereotypes we built up in the last many years and months, but I believe it is possible for us to try to think out of the box acknowledging the existing framework. At Yamanoko, the individual team member has always worked on this method, and I have been creating opportunities such as team camp (or gasshuku) to make this possible -to develop Yamanoko members who can rbuild new ways, new framework out of what currently exist.

 

そうした中で見えてきたのが、私たちの最先端は常に子どもたちとの関わりの中で湧き上がる「問い」の中にあるのではないか、ということでした。「問い」を手放さず、意識し続けておくこと、テーブルの上に載せて答えのない対話を続けること。そんなことを繰り返す中で、既にある思考の枠組みが揺らぎ、少しずつ新たな視野が開けていくことを実感しています。日々浮かぶ「問い」を大切にし、その問いから子どもたちへの応答や環境の更新を行っていこう、という想いがやまのこジャーナル10号で書いた「問い駆動型」という言葉に込められています。

Through this process, we realised that our “cutting edge” is always hidden in the questions sprung from our daily lives with children.    By continuously acknowledging what questions and ideas we have, and by talking about them, bearing in mind that there is no right answer, we experience the current thoughts and framework sway to gradually widen our views and meet the new world. Cherishing the daily questions and explorations, we shall respond to children and continue to reform educational environment -this is what I exactly mentioned as “exploration method” in my previous essay, Little Planet vol.10.

 

昨年11月に、保育の中で感じた問いを保護者のみなさんと共有するための「問いボード」を各園でエントランスに設置してみました。また「問い」を意識できるように、毎日の記録、月の計画などの計画・記録書類のフォーマットもリニューアルしました。しかし、まだまだ実際の保育環境の更新へと「問い」が活かされていくサイクルをつくる、というところまではたどり着くことができないままでした。

In November of 2018 we put “share your idea/exploration experiences” board on a display in both Yamanoko Childcare Center and Yamanoko Home. Moreover, we have also changed the format of our daily/monthly recording system. However, we were still far from reaching our aim of creating a cycle of exploration method being extensively used in the daily scenes of childcare and education.

 

そこで、3月末に実施した職員合宿で、どうやったら「問い駆動型」を実現することができるかを話し合い、毎月月末に作成する翌月の計画のつくり方を見直し、フォーマットをマインドマップ(イギリスの教育者トニー・ブザンが考案した頭の働き方を活性化させるノート法)へ変更してみることにしました。翌月の計画はこれまで主なクラス担当者が一人で行っていましたが、4月からはクラスの担当者全員と園長が参加し、2,3時間かけて作成しました。クラスで起きていること、子どもたち一人ひとりの成長のことなどを、書き込みながら翌月の活動としてどのようなものがふさわしいのか、どんなことを新たに取り組んでいこうか、と書き込んでいきます。誤解のないように書き添えておきたいのは「計画」というとおよそその通りに実行されるものをイメージされるかと思いますが、私たちの計画は予め変更されることを前提としています。それは、私たちのあらゆる活動は子ども自身の関心を起点にしていこうと意識しており、そう意識されていれば、大人の意図を超えてどんどん変化していくことになります。それこそが私たちが大切にしたいことだからです。

Bearing this in mind, in the end of March this year at team camp, the whole team discussed on how the shift to exploration method can happen in the way we aspire. As a result we decided to alter not only daily/monthly recording system but also the format of monthly plan for each class into using “mind map (a note-taking method that highly stimulates brain function, devised by Tony Buzan)”. Also, we decided to have have all the class staff and the director to get together to lay out the monthly plan for each class.

 

各クラスの壁面に、作成した新たなマインドマップ型の計画案を掲示することにしましたので、眺めてみていただけたら嬉しいです。日々のささやかな「問い」からクラスの環境も保育者の内的な環境も駆動されていく、その一歩が踏み出せるかどうか。しばらくは、この方法で取り組んでみようと考えています。

Our new monthly plan in mind-map style will be shared on the wall of each class. We would love to have you take a look! By exploring our everyday ideas and questions deeply, we hope to shift the exterior environment of the classrooms as well as the inner environment of the people that surround the children.  This is our ongoing challenge for the future and the present.

RELATED

"月の計画ーマインドマップ"

2019.07.26

月の計画ーマインドマップ

Planning the Month: Mind-mapping

"地球歴の年間カレンダー"

2019.03.05

地球歴の年間カレンダー

Yamanoko yearly plan

"「問い駆動型」保育"

2018.12.20

「問い駆動型」保育

Shifting to a “Exploration Method”

BACK TO TOP