やまのこ保育園

惑星のようす

"「問い駆動型」保育"

2018.12.20
Shifting to a “Exploration Method”
「問い駆動型」保育

今年ももうまもなく終わろうとしています。やまのこもふたつの園体制になってから早3ヶ月。やまのこ誕生からは1年と4ヶ月が経ちました。みなさんにとって今年はどのような1年だったでしょうかー。

やまのこの1年をふりかえると、こんなキーワードが浮かんできます。
◯  やまのこ保育園の開園(ふたつでひとつの体制に)
◯「問い」駆動型へ

ひとつめのキーワード。ふたつでひとつの体制になったことは、胎動期が終わりやっと誕生することができたような大きな出来事でした。これからがいよいよ本番という転換点です。
ふたつめのキーワード「問い駆動型へ」は、読まれても「??」という感じだと思うのですが、これはやまのこにとって大きな気づきであり、シフトとなる転換点でした。

The year 2018 is coming towards the end, already 3 months have passed since the opening of 2 nurseries, and it is now 1 year and 4 months since the birth of Yamanoko. I wonder what kind of year it has been for you

Looking back on year 2018 as Yamanoko, below are the keywords I came up with:
・The opening of Yamanoko Childcare Center (the start of two nurseries as one)
・Shifting to a “Exploration Method”                                  

The opening of the second Yamanoko Childcare Center -this had been just like the long-awaited birth after the quickening period, a turning point to finally reach the starting line.

The second keyword needs some explanation, as the words “Exploration Method” themselves do not explain. However, this has been a big revelation and a turning point for Yamanoko.
 

それはどんなことかというと、教育(保育)には答えがないため、一人ひとりがこれまで築いてきた教育観、子ども観がそれぞれの考える際の軸になります。そうすると簡単に信念の対立が起きてしまいます。そして、それは両方正しかったりする。だからこそ原理が必要であり、教育の原理をこれまでの哲学から導き出して、信念ではなく原理に沿った舵取りをしたい、そうでなければバラバラになってしまう、とこれまでは思っていたのです。

その流れから「わたしたちのミッションとは何か?」という題目でチームみんなでの対話を何度か進めてみたものの、何かすっきりと決まらないのです。そんな中、9月の合宿で生まれたのが「What’s your idea now?」という言葉でした。この言葉が生まれるのと同時にミッションや教育原理を求めていた気持ちは消えました。

In the field of (child) education, there is no right answer on any method; each educator’s experiences and perspectives become as the basis of their actions, which can easily cause conflict between each other’s different beliefs -this is complicated because both of the parties can be right. Hence, we previously thought certain principles deriving from these beliefs are necessary to keep the form of education on a certain track, otherwise our form of education will be all over the place.    

From this belief, we have had done discussions a couple of times to think about “what is our mission now?”, however this did not reach a reasonable consequence. As we discuss, search and struggle, we eventually ended up questioning, “what’s your idea now?” -and then we came to realise searching for missions and principles were not our style.

 

子どもたちとの一瞬一瞬の時間を、この問いとともに在るということを第一に考えれば、おのずとそのプロセスは開放力を強めていきます。いま現在の私、いま現在のあなた、その瞬間から次のプロセスを生んでいくことをよしとする、という姿勢だけをこの問いは述べているわけで、これまで培ってきた信念を引き合いに出すよりも「いまここ」にフォーカスがあたるのです。

わたしたち大人は、これまで重ねてきた経験によって、先回りしたりさらに次に進めようとしてしまいます。しかし、目指す姿はいまこの瞬間から新しい目で世界を捉えていくような姿です。それはまさに子どもの姿そのもの。子どもたちとの瞬間瞬間のセッションをなによりも大切にするということ。そのことが「問い駆動型」に込められています。

「問い駆動型保育」を目指すためには、記録もそのように設計されていなければなりません。そこで、早速10月からこれまでの記録形態を一新しました。そして、保護者のみなさんと私たちのささやかな問いを共有するための通称「問いボード」をエントランスに設置しました。このように、一歩一歩問いから駆動し、探求を場の核とする教育の在り方の模索をスタートできたことはやまのこにとって大きな出来事だったと思います。

We came to realise that our thoughts and minds will be more liberated as we treasure every moment with children while questioning this. It is nothing but this very moment that is going to give birth to the next process -the moment now which the current me and you live in.

The focus is “here now”, and not certain beliefs from the past experiences.

We adults usually tend to go ahead and aim for the next with actions based on past experiences. However, we as Yamanoko want to aim to perceive the state of this world through new eyes, which is the pure natural form of children. By cherishing every session with each child, we can continue our exploration.

To aim to make this happen at Yamanoko, our daily form of recording also needed to be in a certain form too. Therefore, we decided to completely alter the recording system from October, and put up a “share your idea/ exploration experiences” board at the entrance. We believe that establishing exploration method as the fundamental of Yamanoko was one event to be remembered as Yamanoko history.

 

「What’s your idea now?」というやまのこの大切な眼差し。その根底には「わたしたちは、なぜこの時代に教育に携わるのか?」というもっと大きな問いがあります。やまのこがまだなんのかたちもないころから、頭の中をぐるぐると駆け巡っていた大問題です。この言葉には、現代をどのように捉えるのか、そして子どもたちの生きる未来をどのように捉えようとするのかという2つの矢印と「教育」という言葉の定義、そしてそこに加わる「わたし」という矢印、という大きく4つの要素がからみあっています。そのひとつひとつが織り込まれて、ある大きなタペストリーを描いていく。それがきっとやまのこなのです。いまはまだどんな絵が見えてくるのかはわからないけれど、1日1日織りなされていく。その中で糸を運ぶシャフトの音のようなものが「What’s your idea now?」なのかもしれません。

Our cherished aspect of questioning “what’s your idea now?”. Deep down this simple question lies another bigger question, “why do we do education in THIS time of period?” This phrase have had gone through our minds over and over even before Yamanoko had any shape or form yet. How we perceive society, and future for our children to live, how we define “education”, and how “self” is involved in all this. Yamanoko is when all of these different elements intertwine and entangle to create one big picture in a tapestry. We are yet to know what kind of picture it is going to be, but certainly it is weaved and developed day by day. And each of this weaving sound might probably be us constantly questioning “what’s your idea now?”    

 

 

                                  

                                  

 

RELATED

"地球歴の年間カレンダー"

2019.03.05

地球歴の年間カレンダー

Yamanoko yearly plan

"「問い駆動型」保育"

2018.12.20

「問い駆動型」保育

Shifting to a “Exploration Method”

"月の計画ーマインドマップ"

2019.07.26

月の計画ーマインドマップ

Planning the Month: Mind-mapping

BACK TO TOP