やまのこ保育園

惑星のようす

"今月のやまのこたち"

2020.02.21
This month’s Yamanoko
今月のやまのこたち

もう2月も中盤。やまのこでは長い冬に備える気持ちで、11月に各部屋に飾ったヒヤシンスも満開となり、甘い香りとともに春の訪れはもうすぐだと伝えてくれています。先日、早くも蕗の薹が顔を出しているのを発見しました。いつもと違う2月に地球の異変を感じます。

さて、みなさんは「人新世」という言葉を聞かれたことはあるでしょうか。私は気になりつつ通り過ぎていたのですが、先日「人新世」について特集されている雑誌を読んではじめてやっとこの言葉とその周辺の問題系を知りつつあるところです。「人新世」とは、最終氷河期が終わった1万7000年前に始まった完新世が終わり、人類の活動が地球のさまざまなシステムを変え、それが地層に変化を与え始めているという見方を提示したもので、現在新たな地質年代についての議論が進んでいます。「人新世」以外にも「植民新世」「資本新世」という言葉も、新たな地質年代を表すものとして提案されており、言葉の善し悪しは別として、こうした議論が盛んになっているということ自体が、いまこの時代がいかに地球規模での境界的出来事の最中にあるのかを示しているように思います。雑誌(現代思想 特集「人新世」)へ寄稿文の中で、生命誌家の中村桂子さんの言葉をご紹介したいと思います。

We are already approaching mid-February. We started to grow hyacinth, intended to prepare for the long winter, however, it has bloomed this month, indicating that the spring is on its way with the sweet aroma. The other day I saw butterbur sprout growing outside.  We are witnessing a strange phenomenon with a different sense of February.

Have you ever heard of a word, “Anthropocene”? I have been curious about the term for a while, and recently I read a magazine covering the topic, and have been learning about the word and the issues surrounding it. Anthropocene is a proposed geological epoch,which began 11,700 years ago after the last major ice age, dating from the commencement of significant human impact on Earth’s geology and ecosystems, including, but not limited to, anthropogenic climate change.  Other terms have been coined to define this new geological age, such as Capitalocene and Plantationocene. The choices of these names are debatable, however, the fact that there has been a great debate regarding this suggests that we are in the midst of a boundary-shifting event on a global scale.

I want to introduce you to the words of Keiko Nakamura, a life history researcher, from the featured article Anthropocene in the magazine,  Gendai Shiso.

 

 

「宇宙創生から138億年、太陽系が生まれて46億年、その中の一つの星である地球に生き物が生まれてから38億年、その中でホモ・サピエンスが生まれたのが20万年という歴史が見えてきている。その中で賢く生きるとはどういうことだろうと考えることができるようになった今、私たちにできるのは、文明を持ち始めてからの1万年を振り返りながら、これからの生き方を探ることだろう。(中略)たかだかこの50年で積み上げた現代文明と、宇宙に始まり生きものの中に組み込まれた生きる力のどちらが優れているかと問えば、後者だろう。複雑さの中に豊かさを持つさまざまなしくみを見るだけでも、それはわかる。」

It has been 13.8 billion years since the creation of the universe, 4.6 billion years after the solar system was born, 3.8 billion years after the creature was born on one of the stars, Earth, of which 200,000 years ago was when Homosapiens started to appear. Now that we are capable enough to think of what it means to live wisely, what we can do is to look back on the 10,000 years since the beginning of civilization and look for ways to live in the future. The answer to the question “which is better? the modern civilization that has been built up in the last 50 years or the living power that has been embedded within living creatures since the creation of the universe?,” is clearly the latter. You can see it clearly by looking at the various mechanisms that have richness in complexity.

 

 

続けて中村さんは、「人間がつくりあげる文明の中で生きる私と38億年の生命の歴史の中にいるヒトとしての私を重ね合わせた世界観」を持ちながら、その世界観からさまざまなことを判断していくことを提案されています。この中村さんの言葉に私は、やまのこの願いである「地球に生きているという感受性を持った人」のイメージを馳せました。そして、私たちがここで子どもたちと共に暮らしをつくろうとしていることの意味についても。私たちがいまこの大きな時代の境界にありながら教育に携わることで、また子どもたちと1日の大半の時間を共に過ごす中でつくっていきたいのは、これからの生き方なのかもしれない。そんなことを考えました。

Moreover, Keiko Nakamura suggests to hold “a worldview that identifies with a self living in a civilization created by humans and a self as a human in a 3.8 billion year history of life” and determine various things according to this worldview. These words resonated with Yamanoko’s “Our Aspirations”, which is “raising people with sensibility that they live on planet earth” as well as the meanings in which what we are trying to achieve at Yamanoko through co-existing with children. I thought, perhaps what we want to create through education during these monumental times and through spending so much time in our waking hours with children, is to figure out a way to live through the future.

 

 

やまのこを動かしているものは?

1月11日に年間計画をたてる1日かけての話し合いを行いました。
その中で最初にみんなで考えたのは「私たちの動力源ってなに?」という問いでした。一人ひとりを動かしているもの、その熱源となっているものが何かということを考えることと、やまのこという場が何によって動かされているのかということは繋がっていきます。

いろんなメタファーがとりあげられました。例えば、樹木・コマ・自転車・家・大きなスコップで穴をほっているイメージ・細胞。言語で整理する人、絵や色や線で表現する人、絵と言葉をあわせる人、表現方法もそれぞれですが、踊ったり、演じたり、音楽で表現する人はいませんでした(いつか出てくるといいなと思っているのですが)。
子どもたちを待ち受けている世界の不確かさや不安定さ、そうしたわからなさへの恐れが動力源だという人も。その恐れを少しでも明るいものに変えていくということが私を動かしている、と。みんな深く頷きながら聴いていました。

We spent the whole day of 11th of January to discuss the yearly schedule. The first question we discussed was, “what is our driving force?”. These three elements all connect and influence each other: the driving force of an individual, the source of the force, and the driving force of Yamanoko.

There were many metaphors to describe the three such as trees, tops, bicycles, houses, digging out the dirt with a shovel. There are many ways of expressions to describe these forces such as expressing through pictures, lines and colors, and linking paintings and words. Nobody described it as dancing, acting and expressing through music (I am hoping this will change in the future)
Someone described their driving force as “the fear from the uncertainty of the future that children hold”. It is the hope and the desire to shift the fear into something brighter, is what drives this person to be involved in education. Everyone listened intently.

 

その他にもこんな動力源が語られました。

「生きていること/生かされていることの実感」

「創り出すことそのもの」

「わからないこととの出会い」

「変化すること」

「日常の中にある幸せな瞬間」

「満たしあっている感覚」

それぞれの動力源とそこに行き着いた理由をじっくり聴きあいながら、自然とわたしの動力源からやまのこの動力源へと話が移っていきました。
そこでクローズアップされていったのが、「変容=transform」という言葉。
関わりあいながら、満たしあいながら、学びあいながら、わたしもやまのこも変容(=transform)していく。それがここで起きていることであり、そしてその動きそのものが、わたしたちの動力源なんじゃないか。
そんなことが見えてきた貴重な時間でした。来年度は、関わりあう力、満たしあう力、学びあう力をさらに高めていく方向へと運営の仕組みも含めて、意識を向けていきます。それがわたしたちを自然とアップデートさせていくはずだと信じて。

Here are the other driving forces:

Gratitude towards life

Fulfillment

Encountering the unknown

The state of “change”

Finding happiness in everyday life

The feeling of contentment

After listening to our driving forces and our reasons, the conversation naturally shifted to Yamanoko’s driving force.
In such context, the word, “transform” was speculated and discussed.
By interacting with each other, fulfilling our needs, and learning from one another, we as Yamanoko are always transforming. The everyday things that happen here and the momentum is what drives us. The meeting was a precious time with so much revelation. The next year, we are going to strengthen our operational system to enhance our ability to interact, fulfill needs and learn. I believe that this will upgrade us naturally.

 


RELATED

"地球歴の年間カレンダー"

2019.03.05

地球歴の年間カレンダー

Yamanoko yearly plan

BACK TO TOP