やまのこ保育園

惑星のようす

"人とのかかわりから生まれるもの"

2021.04.21
Things That Are Born When Interacting with Each Other
人とのかかわりから生まれるもの

 子どもたちの姿を記録する時に「5つの視点」(関心を持つ、熱中する、困難ややったことがないことに立ち向かう、他者とコミュニケーションをはかる、自ら責任を担う)でエピソードを分けています。視点のひとつに「他者とコミュニケーションをはかる」という項目があるのですが、本稿では、子どもたちがどうコミュニケーションをとっているか、という視点で日々の保育を振り返ってみたいと思います。

 ふき組の子どもたちの姿からご紹介します。

1月13日 Gちゃん
泣いているが、大人が近くに来ると自分からおしりで移動してくる

1月21日 Yちゃん
Sちゃんが抱っこして〜という様子で近づいてくると、私の方が先よ〜!という感じでSちゃんを押す

1月21日 Rくん
Aちゃんが泣き、Sさんが抱っこしていると、時々自分も〜という様子で近づいてくるが、他に興味があるとスタスタ歩いて自分の遊びに夢中になっている

1月22日 Yちゃん
今日もAちゃんのところへ来て声をかけている。新しく来た友達に興味津々の様子。嬉しそうな表情!

 言語が用いられることは少ないものの、泣く、近づく、押す、笑いかけるなど、様々なやり方でコミュニケーションが生まれています。大人との関わりで安心感・信頼感が育まれていたり、他の子どもの存在を感じて関わる様子も伺えます。

 次に、わらび組の子どもたちの姿です。

11月18日 Aちゃん
Sちゃんのブランコを押しながら「Sくん おわったらかわってね」と話しかける

11月19日 Sちゃん
お昼寝前の絵本コーナーでKちゃんにぶつかると、すごい勢いで怒られている。すると「ごめんね〜」と言うSちゃん。

12月9日 Tちゃん
お散歩中、手を繋いでいたSちゃんが座り込む。しばらくすると心配そうに顔をのぞきこみ「Sちゃん、いっしょにいこ」

1月19日 Fちゃん
home園庭 遊んでいてHくんが庭に出てくると「ありがとうきてくれて」

1月26日 Hくん
散歩中前を歩いているFちゃんをたたく。「何か伝えたいなら話してみれば?」と伝えると「ねぇねぇFちゃん」

1月28日 Zくん
トイレ介助のときなど、笑いながらけっこう強く顔を叩いてくる。「いやだからしないで」と伝えると、笑いながら続ける

 言葉や表情、仕草によって多様なコミュニケーションを生み出しています。大人が介入しなくても、子ども同士で自分の希望を伝えたり、相手の気持ちを察するような姿が見られます。何を言われるでもなく他者を思いやる子どもたちを見ていると、人間はもともと利他の心を持っているのではないか、と思います。また、遊びのひとつなのか関わりたいという気持ちからなのか、読みとるのは難しいのですが、相手を叩くことでコミュニケーションが発生することもあります。叩く、押すなど、受け取った相手が快くないであろうかかわりがあった時、保育者はどのように伝えたらいいか、日々試行錯誤しています。

 記録を見ていくと、子どもたちがどう他者とかかわろうとしているかが見えてきます。叩く、それをされて泣く、といったかかわりが多く起こることもあり、そんな日は保育者も子どもに対して「自分の気持ちは言葉で伝えて欲しい」「自分がされて嫌なことは人にもしないでほしい」という思いが強くなってしまうこともあります。しかし何よりも大切なのではないかと思っているのは、毎日のかかわりの中で「あなたは大切な存在である」と伝え続けることです。そのために、任せて見守り、思いを汲み取れるよう寄り添い、快い方法を提案するなど、一人ひとり、その時々でどうかかわるか、応答をオーダーメイドのように考え続ける姿勢でいたいと思っています。

 自分自身を大切に思う気持ちが、他者を大切に思う気持ちにもつながっていき、その気持が人間以外の命や物を大切に思う気持ちにも広がっていくのではないかと思います。

 他者とかかわることで、子どもたちの心に生きることの素晴らしさが積み重なり、これからの人生を生きていく土台になればいい。そんなことを考えながら、子どもたちと一日一日を過ごしています。

We divide our daily episodes into 5 perspectives (Having interests, becoming passionate about something, trying something they have never done before, communicating with others, having responsibility). 

The following text was taken from the perspective of “communicating with others“. 

I am going to introduce you the ways of Fuki’s children. 

January 13th G-chan

He is crying but when adults approach, he goes to them moving his butt.

January 21st Y-chan

When S-chan comes to me asking to be held, Y-chan budges in and pushes S-chan away as if she is saying “It’s my turn!. 

January 21st R-chan

When S-san is holding A-chan, who is crying, R-chan sometimes heads over to them as if he is saying “hold me too!“. However, R-chan is often interested and immersed in his own play. 

January 22nd Y-chan

She is approaching A-chan, who just joined Yamanoko. She seems to be interested in the new friend. She looks happy!

Even though not much spoken language is being used, various kinds of communications are exchanged such as crying, approaching, and smiling. We can see that because of the interactions with adults, children are harboring the sense of security and trust and also see that because of the existence of  other children, they are harboring the sense of “others“.

Next, we want to talk about Warabi’s children 

November 18th A-chan

When she was pushing S-chan on swings, she was saying“S-chan, when you are done, it’s my turn ok“. 

November 19th S-chan

When K-chan and S-chan bumped into each other, K-chan gets ragingly mad at S-chan.S-chan then said “I’m sorry“. 

December 9th T-kun

During a walk, S-chan who was holding hands with T-kun sat down. T-kun looked into his face worryingly, “S-chan, let’s go together“. 

January 19th F-chan

F-chan was playing at the playground of Home, Haru comes out to join her. She said “thanks for coming out to play with me“.

January 28th Z-kun

When I was helping him in the bathroom, he hit me strongly while laughing. I said, “Please stop“ but he kept on going while laughing. 

Various kinds of communication is created using language, facial expression, and gestures. Without adults’ assistance, children are able to express themselves and be curious about others’ feelings. Seeing children help each other without being told, I get a sense of feeling that humans are innately altruistic. Although it is hard to tell if it is part of a play, there is a communication created by hitting a friend. We are always wondering what would be the best way to approach the child who does things that are not pleasant to receive such as pushing and hitting.  

By looking at documents, we can see how children are trying to interact with others. There are many occasions where children hit others and the receivers cry. This always leads me to think “I want them to communicate their needs by words“ and “I don’t want them to do things that they don’t want for themselves“. But more importantly, I communicate to them that they are an important part of the community. To that end, I would like to keep thinking about how to respond to each person as if they were specially made for them, such as watching over them, being present with them so that they can understand their thoughts, and proposing pleasant methods.

I think that feelings of cherishing oneself will lead to feelings of cherishing others, and that feeling will spread to feelings of cherishing lives and things other than human beings.

By engaging with others, the wonders of living in the hearts of children can be accumulated, and it should be the foundation for living in the future. With that in mind, I spend every day with my children.

text by: Ichiro Kanai

RELATED

BACK TO TOP