やまのこ保育園

惑星のようす

"いのちの終わり"

2021.04.21
The End of Life
いのちの終わり

 1月9日、とりのモモちゃんが天国に行きました。モモを家族に迎え入れてから息を引き取るまでの16年8ヶ月、長いようであっという間の時間でした。コザクラインコは本来、アフリカ南西部ナミビア共和国の半乾燥地域に生息しているインコです。共に暮らす時間はかけがえのないものでしたが、モモの生きたい姿や自由を奪ってしまったのではないかと思うこともありました。それでも家族として迎え入れたこと、一瞬一瞬がモモにとっても幸せであったらいいなと願うばかりです。

 保護者のみなさまからも「我が子がお家でとりのモモちゃんのお薬をつくっていました。」とか、「ぬいぐるみを肩にのせて“モモちゃんだよ“と見せてくれます。」など様々なエピソードを聞かせていただきました。

子どもたちの記憶の中でモモが生きていて、本当に幸せな小鳥です。たくさん愛情を注いでくださり、ありがとうございました。

 毎日会っていた小鳥の「死」を、子どもたちはどのように受け止めるのだろう?と想像がつきませんでした。いくつか印象に残ったエピソードを紹介します。

On 9th of January, Momo the bird flew off to heaven. It had been 16 years and 8 months since we welcomed Momo into our family and till their last breath. The time I was with Momo felt short and long at the same time. Rosy-faced lovebirds (Agapornis roseicollis) are originally a parakeet that lives in the semi-arid region of the Republic of Namibia in southwestern Africa. I felt many times that perhaps I have taken away their freedom and the path they want to live for themselves but I can only hope that each moment that Momo spent with me was a happy moment.

I have heard accounts from many of you how children talked about Momo at home. One parent said, “at home my child makes medicine for Momo at home.“. Another said, “my child put a doll on her shoulder and said ’I am Momo’“. Momo is alive in many of our memories, and for that they were such a happy bird. Thank you so much for pouring so much love and affection.

I could not imagine how children would perceive the death of a small bird they saw everyday. I am going to introduce a few episodes.

 

Rくんのエピソード

 モモが死んでから初めての登園日。私が鳥籠を持っていないことに気づいたRくんは「あれ?とりのモモちゃんは?」と尋ねてきました。モモが死んだことを伝えると、表情が固まり、沈黙が流れます。一点を見据えるRくん。視線を曇らせながら「死んじゃったってこと?もう会えないってこと?」と聞いてきました。

 日々を過ごしながら彼の中で「Yさんの、それ」だったのが「ぼくの友だち」に少しずつ変わっていったのを感じました。「せっかく仲良くなれたのに、もうつぎは会えない」と教えてくれました。モモの亡骸を子どもたちに見せる機会をつくれなかったので、死のリアリティを感じることよりも、「死」を想像して思いを馳せていたように思います。

R-kun’s Episode

It was the first day of coming into Yamanoko after Momo had passed away. When Rio realized that I did not come in with the bird cage, he said “Wait. Where is Momo?“. When I told him Momo had died, his facial expression froze and there was a silence. He kept on staring at one spot in the air. He asked me with confusion in eyes, “Does that mean they had died? I can’t see them anymore?“.

Through spending time with Momo everyday, I felt what he thought of Momo changed from “Y-san’s thing“ to “my friend“. He said to me, “We had just become friends but I cannot see them anymore“.

Since I was not able to make the opportunity to show Momo after their death to the children, their concept of death was from that of an imagination as opposed to the reality of death.

 

Aくん、Kくんのエピソード

 夕方になると、決まってモモに会いに来てくれたAくんKくんは「ねえねえ、きょうもとりのモモちゃん死んでるの?きょうも、あしたも、そのつぎも、しんでるの?あいたいのに。」と尋ねてきました。死んでも、また会える存在として、モモが生きているのでしょうか。今でも夕方に「ねえねえ、とりのモモちゃんは?まだ、死んでる?」と会いに来てくれます。

 子どもたちはモモの遺影で足を止めたり、外に出ると「あ!とりのモモちゃんとんでる!」と発見しています。やまのこでモモと暮らした記憶が確かにあって、モモの存在が彼らの心の中で今でも生きていることを感じます。「死」さえも曖昧な、柔らかい世界が広がっているようです。モモという小さな小鳥の死が、雲のようにひとつの形として記憶される瞬間もあれば、空気中に霧散して見えなくなってしまう曖昧な記憶になっているようにも思います。でも、彼らの中に確かに存在し続けている。もしかしたら私たちが後世も大切にしたい「生命」も、雲や霧のように絶えず形を変えながら存在し続けていて、形として存在するのはほんの一瞬の姿なのかもしれません。

 死を避けたいものとしてみてしまいがちな私にとって、生と死の境界線を曖昧なまま生きている子どもたちの感性に触れることで、モモの死を静かに受け止めることができました。そして、モモの死を通して、子どもたちの中で、いのちが記憶や形をかえて存り続けていくプロセスを一番近くで体感しました。いのちは有限であることを知っている大人が関わる生命の捉え方や関わり方と違って、子どもたちは目の前にある今を生きていて、ついさっきまであった命が終わりを迎えたとき、その先を想像してみたり、姿を変えて存在していると捉えているようにもみえる子どもたち。目の前からいなくなっても、モモは、生きている、と子どもたちを通して感じることができます。

 

A-kun and K-kun’s Episode

In the evening, A-kun and K-kun, who always come to see Momo, said, “Hey, Momo’s dead? Today, tomorrow and the next day?. Does Momo exist as something they can see even if they are dead? I wonder. Even now, they stop by the office and ask, “Is Momo still dead?“.

The time they spent with Momo at Yamanoko was definitely real, and the existence of Momo is certainly alive in their hearts. Even death is something ambiguous and is floating and spreading somewhere in a soft kind world. 

Death of a small bird named Momo is sometimes remembered as one shaped like a cloud but sometimes it is remembered as very ambiguous like a mist in the air. But certainly the bird exists inside of them. Perhaps the lives that we want to cherish even after our own deaths are floating in space like clouds and mist, and it is such a short time we exist as a tangible form. 

For me, who tends to think that I want to avoid death, I was able to quietly accept the death of Momo by touching the sensibilities of children living with the line between life and death blurred. Then, through the death of Momo, I experienced the process of life changing its memory and shape and continuing to exist among the children. Unlike the way adults perceive and relate to life, which knows that life is finite, children are living in the present in front of them, and when the life they had just reached is over.  Through the children, Momo can feel alive even if they disappeared from the mortal world.

text by: Yukari Sato

RELATED

BACK TO TOP