やまのこ保育園

惑星のようす

"「たべものと出会う」"

2021.10.18
Encounter With Food
「たべものと出会う」

7月の初めにキャンプに参加する子どもたち、つまりあけび組年長さんを集めて、初めてキャンプのミーティングを行いました。今年の年長さんたちは、3月に巣立っていった先輩たちのキャンプ後の自信に満ち溢れる姿を見ていたので、キャンプへの意気込みはとても高いものでした。

まず「自分たちをなんて呼ぶ?チーム名何にする?」という議題に「レモン汁チームが良い!」というRくん。「メロンチームがいい」というHちゃん。なかなか決まらないなか、「あーもうお腹もすいたし、頭に何も入ってこないよ〜」というRくんの言葉にKちゃんが閃きました。「カラッポは?」と。みんな「おー!それがあったか!」という様子で、多数決をとると、圧倒的な数でからっぽチームに決まりました。それもそのはず、からっぽチームの子どもたちはいつもお腹がカラッポかのように、食や料理に対してとても好奇心旺盛です。

その次の議題は「キャンプで何食べる?」でした。「自分たちで材料を集めて、自分たちで作って食べる」を条件に、出てきた子どもたちの答えは意外なものでした。「塩!」「醤油!」「みそ!」などと調味料や、「トマト」「なす」の具材の名前が出てきました。私は「ハンバーグ」「味噌汁」など料理名が出てくると思っていたので、料理が分解された具材が出てくることに驚きました。

しかし、彼らの保育園での姿を見ているとその発想は納得です。長い子は何時間でも道具を使ってあけびの小さなキッチンに立ち、庭に生えているものやその日の野菜で「これを料理したらどんな味になるだろう?」とずっとクッキングをしています。そのため彼らにとって、料理は完成されたものを食べる行為ではなくて、具材と具材が反応しあってできるオリジナルなもの、ということは腑に落ちているような気がします。
自分たちで具材を集め、料理をするという”たべもの”の探究の始まりです!

At the beginning of July, we had our first camp meeting with the children who would be attending the camp, namely the Akebi class elders. This year ’s elders were very enthusiastic about the camp because they had seen how confident their seniors were after the camp in the year before.

First we asked ourselves, ”What do we call ourselves? What should we name our team?” R-kun replied, ”I want it to be the lemon juice team!”. H-chan said, ”I like the melon team”. While it was hard to decide for everyone, K-chan got an idea when R-kun said, ”I’m so hungry, I can ’t think of anything.” Then K-chan said, ”How about Team ’Empty (Karappo) ’” ? And everyone made a face as if it said, ”Oh, that ’s it!” After a majority vote, the empty team was chosen by an overwhelming majority. The children of Karappo team are always so curious about food and cooking, as if their stomachs are always empty.

The next item on the agenda was, ”What do we eat at camp?” On the condition that the children would gather their own ingredients and make their own food, their answers were surprising. ”Salt””Soy sauce!” ”Miso!” and the names of ingredients such as ”Tomato” and ”Eggplant”. I was surprised to see the dishes broken down into ingredients because I had expected to see the names of dishes like ”Hamburger steak” and ”Miso soup”.

However, the idea makes sense when you see them at Yamanoko. The longest ones would stand in Akebi ’s small kitchen for hours, using tools to cook with whatever was growing in the garden or the vegetables of the day, wondering, ”What would this taste like if I cooked it?” For them, cooking is not an act of eating a finished product, but rather something original that is created when ingredients react with each other. This is the beginning of their exploration of ”food,” gathering and cooking ingredients on their own!

「おしりしお」の誕生
「塩って何でできているの?」という問いに「海の水じゃない?」という答えが返ってきました。「じゃあ海に行ってとって来なくちゃね!」と、週末にからっぽメンバーがご家庭で海に行った際に海水をとってきてもらいました。
たっぷり入れてきた海水を見て「この水がどう塩になるの?」と不思議そうな顔をしていました。
しかし海水を舐めてSちゃんは「塩の味がするねえ」と言います。鍋にひたひた入れた水に火をつけてコトコト煮出される海水を見てMちゃんが「水がなくなってきているね。無くなった水はどこに行くの?」と疑問を持ちます。

待っている間、週末海で過ごした家族との楽しい時間の話や、「綺麗なお魚さんいたよ」とみんなの意識は海に向かいます。「海」という存在はあけびの子どもたちの中で大きい気がします。今年の2月に海の下を題材にしたミュージカルアンダーザシーをしたことは子どもたちの記憶の中でまだ新しいですし、からっぽのみんなは最初から「キャンプは海がいい!」という強い思いを持っていました。海がそれぞれに意味するものは違いますが、行ったら何か素敵なことが待っている、という共通認識はあるようです。その海の「味」を探求している子どもたちの姿はとても美しく見えました。

水が減ることで出てきたのは鍋に張り付くうっすら白い粉っぽいもの。「これ塩じゃない!?」とスプーンで削ります。それを舐めてみたら「しょっぱい!」。どんどん水が減っていくごとに白っぽい粉は増えていきます。「塩だ!塩だ!」と子どもたちは興奮を隠せません。500mlのペットボトルだけでもたくさんの塩が取れました。舐めてみると、ちょっと苦いけど、甘さもある、存在感が強いお塩。お店に売られている塩と比べてみても「私たちの塩の方が美味しい!」と自信満々です。「ねえねえ、おしりしおって名前にしよう!上から読んでも下から読んでもおしりしおじゃん」「いいねえ」と、あけび初の塩の名前は決まっていきました。
たっぷりあった水が白い粉状になる謎と塩の美味しさに、子どもたちはその後たくさんの海水を持ってきては塩を作って普段の料理に使う光景が生まれました。

The Birth of ”Oshiri Shio (butt salt)”
I asked the children, ”What is salt made of? ”The answer came back, ”Isn ’t it sea water? ”Then we have to go to the sea and get it!”, they said. The members of Karappo went to the beach with their families on the weekend and collected seawater. They looked at the seawater and wondered, ”How can this water be turned into salt?
But when S-kun licked the seawater, he said, ”It tastes like salt!”. M-chan looked at the seawater boiling in the pot and said, ”The water is running out. Where does the water go when it ’s gone?”

While we were waiting, the children talked about the fun times they had with their families at the beach over the weekend, and everyone’s attention turned to the ocean, saying, ”There were beautiful fish there.” I feel that the ocean is a big part of the Akebi children’s lives. The musical Under the Sea, which was held in February this year, is still fresh in the children’s minds, and everyone in Karappo had a strong desire to go to the ocean for camp from the beginning. . Although the ocean means different things to each of them, they seem to have a common understanding that something wonderful is waiting for them when they go there. It was very beautiful to see the children exploring the ”taste” of the ocean.

As the water was reduced, what came out was a thick white powdery substance that stuck to the pot. ”Isn ’t that salt!?” They scraped it off with a spoon. They licked it. ”It ’s salty!” The whitish powder increased as the water got less and less. ”Salt! It ’s salt! ’ ’children shouted. We were able to get a lot of salt out of a 500ml plastic bottle alone. When we licked the salt, we found that it was a little bitter, but also sweet and had a strong presence. When the children and I compared it to salt sold in stores, they were confident that ”Our salt tastes better! ”Hey, let ’s name it ”Oshiri Shio (butt salt).
It reads the same when read from the bottom or the top!” ”The name of Akebi ’s first salt was decided.

The mystery of how the plentiful water turned into a white powder and the delicious taste of the salt led the children to bring a lot of seawater to make salt to use in their daily cooking.

野菜の調達
やまのこでの園庭では十分な野菜が取れないことで頭を悩ましていたからっぽチーム。「でもあんなちゃんの家ではぶらっくべりーがたくさんだよ!持ってこようか?」というAちゃんや、Rくんの「うちのおじいちゃんだだちゃ豆作っているよ。取りに来ていいよって言うはず」という言葉から、自分たちの周りでできているものの観察が始まりました。そこで、家庭菜園や農業をしているご家庭から野菜を持ってきてもらうことにしました。

また、地域の豊かさにも出会うために普段やまのこに納品してくださっている農家「菜あ」さんの畑にお邪魔し、なす・きゅうり・スイカ・とうもろこしの収穫をさせていただきました。目の前に広がるたくさんの野菜を見て子どもたちの目は光ります。きゅうりは当日浅漬けに、なすはカレーに、とうもろこしはスープに使われました。

その後ヤマガタデザインアグリ事業の畑にお邪魔し、たくさんの中玉トマトの収穫をさせていただきました。帰ってきてテーブルいっぱいに並ぶ野菜を見て子どもたちの心も高鳴るようです。鈴なりのトマトでたっぷりのトマトソースをSちゃんが作りました。

Getting the Vegetables
The Karappo team was worried about not being able to get enough vegetables from the garden at Yamanoko but Anna said, ”But there are lots of black berries at my house! Shall I bring some?” R-kun said, ”My grandpa makes lots of dadacha edamame at home! I ’m sure he ’ll tell us we can come and get them.” We started observing what was growing around us. So we decided to ask families who have vegetable gardens or farms to bring us vegetables.

Also, in order to experience the richness of the local area, we visited the fields of ”Naa”, a farmer who delivers vegetables to Yamanoko, and harvested eggplants, cucumbers, watermelons, and corn. The children ’s eyes lit up when they saw so many vegetables spread out before them. The cucumbers were made into lightly pickled vegetables, the eggplant into curry, and the corn into soup.

Afterwards, we visited the field of the Yamagata Design Agriculture Project and harvested a lot of medium-sized tomatoes. The children ’s hearts seemed to soar when they came back and saw the vegetables lined up all over the table. S-kun made a rich tomato sauce with the bell-shaped tomatoes.

「パスタ」の探求
7月2週目になった時のからっぽミーティングで「キャンプでパスタ食べたい」という声が上がってきました。「パスタってどうやって作るの?」と聞いたときに「簡単だよ!麺をお湯で茹でてソースに絡めるだけ」という返答が。「それは出来上がった麺を茹でた話だよね。キャンプではできるだけ材料も自分たちで作る話じゃなかったっけ?」というと「。。。」と沈黙が広がります。「(材料は)小麦粉と水だと思う」とMくんが言います。「じゃあ家で調べてこようか?」と保育者が投げかけました。

Rくんが次の週に「おうちで調べた」と持ってきてくれたのはお母さんと作ったとても素敵なレシピ本でした。Rくんが調べた材料と作りかたに他の子どもたちは忠実に作ります。粉と水と卵を混ぜてコネコネしながら「粘土みたい」と手で混ぜます。硬すぎたり、柔らかすぎたりする生地を実験のように水や小麦粉を足しながら自分たちの生地を作っていきます。
出来上がったのはどしんとしっかりとした生地。市販のパスタは長細いものですが子どもたちはクッキーの型で形を抜き、茹ででオリーブオイルと塩で炒めました。出来上がったものは「硬い。でもおいしい」もの。たくさんできたパスタをみんなでやまのこの東屋の下で食べました。

本番も同じ作り方で、今度は包丁で切った細いパスタをYくん、Sくん、Kちゃんが作ってくれました。それもまた「硬いけどおいしい!」ものでした。それにSちゃんと保育者アイさんが作ったトマトソースを加え、それはもう絶品でした!

全ての料理が「具材」と「過程」の重なりでできているように、今回のからっぽチームのキャンプでの食事も、楽しいプロセスが重なり合ってできたものでした。家族で海水を取りに行った海の風景や、お鍋で塩が出来上がっていく香り、目の前に広がる野菜畑の光景、全てがからっぽキャンプのフードプロジェクトの一部として子どもたちの中で刻まれていったように。五感を使って自分たちの手で作ったものは、どこかで子どもたちの中に残っていくものだとおもいます。フードプロジェクトにご協力いただいた保護者の全ての方、菜あさん、ヤマガタデザインアグリさん、ありがとうございました!おかげさまで子どもたちとの食の歩みは豊かなものとなりました。

The Quest for Pasta
In the Karappo meeting held in the second week of July, we heard someone say, ”I want to eat pasta at camp. ”When I asked, ”How do you make pasta?” They replied, ”It’s easy! Just boil the noodles in hot water and toss them in the sauce,” one replied. ”That’s just boiling the finished noodles, right? I thought we were talking about making our own ingredients as much as possible at camp.” I replied, ”….” And the silence spread. ”I think it’s flour and water,” M-kun said. ”The staff asked, ”Shall we look it up at home then?.”

The next week, R-kun brought in a very nice recipe book that he had made with his mother. The other children faithfully followed the ingredients and recipe that R-kun had researched. They mixed the flour, water, and eggs together, and mixed it with their hands, saying it was like clay. When the dough was too hard or too soft, they made their own dough by adding water and flour as if they were experimenting.
The result was a dough that was firm and sturdy. The pasta that is in the store is long and thin, but the children cut out shapes with cookie molds, boiled it, and fried it with olive oil and salt. The result was ”hard, but delicious”!. That day we ate a lot of pasta together under the pavilion in the mountains.

The same method was used for the actual event, but this time Y-kun, S-kun, and K-chan made thin pasta cut with a knife. It was also ”hard but delicious! Add to that the tomato sauce made by S-kun and Ai-san, and it was absolutely delicious!

Just as every dish is a combination of ”ingredients” and ”process,” the Karappo team’s camp meal was also a combination of fun processes. The scenery of the sea where the family went to collect seawater, the smell of salt being made in a pot, and the sight of vegetable fields spreading out in front of them were all engraved in the children’s minds as part of the Karappo Camp food project. I believe that what we make with our own hands, using all five senses, will remain in the children ’s minds somewhere. Thank you to all the parents who cooperated with the food project, Naa and Yamagata Design Agriculture Project! Thanks to you, our food journey with the children has been a rich one.

text: Saeko Imai

RELATED

"からっぽチームのやまのこキャンプ2021「なかまと出会う」"

2021.10.18

からっぽチームのやまのこキャンプ2021「なかまと出会う」

Karappo camp 2021 Meeting Friends, again!

BACK TO TOP