やまのこ保育園

惑星のようす

"「壁」から見えてきた多様性をもつコミュニティのあり方"

2022.02.14
The "Wall" Reveals the Nature of a Diverse Community
「壁」から見えてきた多様性をもつコミュニティのあり方

Text: Chihiro Taniguchi
→ Tap here for the English version

 

あけび組には箱イスというものがあります。朝のつどいの時やお昼ご飯の時にも、電車ごっこやお店屋さんごっこなどの見立て遊びなどにも使っている多機能なイスなのですが、ここ最近、このイスを使って度々出現するようになったのは”壁”です。その壁は、要塞と呼んでもいいような、あちら側とこちら側を隔てるような役割を持つものだと私は認識しています。

この壁の製作者は、Sちゃん、Fちゃん、Aちゃん、Kちゃん、Kaくん、Tくん、Hくんなどの、主にやまのこhome(以下home)からやまのこに来たメンバーたちです。homeから移行してきた彼らと、元々やまのこにいたメンバーとの間にはなんとなく違う空気が流れていたり、遊びの中でじっくりと関わる機会は比較的少ないなと保育者たちは認識していましたが、ここにきて目に見える形で壁が出現してきたのです。

 

これまでは、彼らだけでままごとをする姿や、お気に入りの戸外のスペースでおうちごっこをする姿などが多く見られましたが、外が寒くなってきたこともあり、戸外のスペースではなく、室内に自分たちの居場所を作ろうとしたのだろう、と見取っています。

 

戸外であれば、使える空間や使える資源が豊富にあり、自分たち以外の人たちの視線や気配も外であればそれほど気にならず、自分たちの安心できる場所を自由に作ることができていたのだと思います。しかし、室内に自分たちの空間を作るとなると、工夫が必要になってきます。そこで、彼らが生み出したのは壁を作ること。しかも、お部屋の一番死角になる場所を選ぶという選択だったのです。

 

室内に現れた高さ1.5mくらいの壁の中では、自分たちのリュックが持ち込まれ、お気に入りの絵本が並べられ、色鉛筆と紙で制作活動が始まります。彼らはこの場所を『おうち』と表現しており、壁の内側で自分たちの心地よい空間を作るのです。しかしながら、興味深いのは、このおうちにずっと留まるだけでなく「いってきまーす!」と言いながら、おうちの外にも時々出かけていき、別の場所で遊んだり、壁の外側の人たちともコミュニケーションを取る光景も見られることです。行ったり来たりしながら生活をしている姿を見ていると、この壁から外に出ていく行為は、安全基地から外の世界へ探検に出ていく、彼らにとっての一種のチャレンジのようにも見えてきます。

 

空間としては異年齢が混じり合って生活をしている場所になっているあけび組ですが、ただ空間を共有してるに過ぎないのではないか?自分が過ごす場所として、彼らの中で安心感はどれほど存在しているのだろうか?と保育者たちの中で問いがたちます。

 

ある森の日、拓人さんと年少児だけが園に残る日がありました。お部屋を共有する人数が一気に減り、空間を自由に使えて、精神的にも開放的になれたのでしょう、いつもよりのびのびしている姿があり、気持ちも高揚している子たちが多かったこと、そして森から他のメンバーが戻ってくると、みるみる自分たちの空間に閉じこもるように様子が変わっていく姿があったことを聞きました。このエピソードを聞くと、ますますこの問いが深まり、これからの保育のデザインを再考するきっかけになりました。例えば、全体的にバランスよく混ざり合うことに期待して、森の日のメンバー構成を変えてみたり、朝のつどいを二つのグループに分けて人圧を下げてみたり。これらは、環境的なしくみの変化ですが、保育者の関わり方や、視点の置き方も変化してきており、大きい子も小さい子も気持ちよく共に居られるため、その場の遊びの世界観をいかに共有していけるかをポイントとすることなど、大人たちのマインドもシフトしてきています。

 

先日のこと、壁作りメンバー数人が、 *からっぽチーム(年長児)の女の子たちが中心となって作っている床屋さん&病院&ホテルの敷地に寄っていき、「Sちゃんたちの病院も作ってくれない?」と依頼に行く姿がありました。

 

この場面について、保育者の振り返り時間に共有すると、実はこのやりとりの前にストーリーがあったことがわかりました。朝のつどいで、FちゃんとSちゃんが、自分たちでお医者さんごっこをしていた話をみんなにシェアしてくれ、それをとっかかりに、拓人さんがからっぽチームの女の子たちの病院を話題にあげ「病気になったときは誰でも入っていいんだっけ?」とかけ橋役を担っていたのです。それで、彼らはつどいの後、早速その病院の持ち主にお伺いを立てて入ろうとしたのですが、渋られたようで、考え出したのが「Sちゃんたちの病院も作ってくれない?」というコミュニケーションの方法だったでのです。

この後、からっぽチームの女の子たちから「つくるのはすごく時間がかかるんだよね〜」と濁された後も、諦めずに粘って交渉していると、「ちょっとだけね〜」と条件付きで中に入れてもらうことができていました。

 

また別の日、からっぽチームのみんなが、自分たちが作ったくじ引きや、ガチャガチャや、自動販売機を紹介する機会がありました。その紹介をきっかけにごっこ遊びがどんどん展開していき、大きい子がお店番をし、小さい子たちがお客さんとして参加して、同じ遊びを通して世界観を共有しているな、と感じられる場面がありました。大きい子たちが遊びの輪郭を作り、その輪郭の中で小さい子たちは遊びながら様々なことを受け取っているのだろうと大人たちは想像しながら見守っています。

アメリカの心理学者のメアリー・エインスワースが提唱した、人間の愛着行動の概念として安全基地という表現があります。子どもと親との信頼関係によって育まれる『心の安全基地』の存在によって外の世界を探索でき、安心基地を持つことで困難なことにチャレンジしたり、辛い境遇を乗り越えていくことができるといわれています。

今回紹介したエピソードは、メアリーが提唱しているような親子関係ではなく、子どもたちのコミュニティー間の関係性についてですが、私にはここで起きている物語とメアリーの安全基地の概念がリンクしているようにみえるのです。

 

私たち保育者は、彼らにとっての安全基地を尊重し、チャレンジを見守りつつも、遊びの中で世界観を共有できるようなサポートを模索しつづけていく、両方の視点とアプローチが必要だと思っています。そのためには目の前の子どもたちの様々な行動や動向をしっかりと観察し、丁寧に見取っていくことが、適切なサポートにつながり、更にはコミュニティの豊かさへとつながっていくのではないかと考えています。

 

 

*からっぽチームの由来について知りたい方は以下の記事をご覧ください。

「たべものと出会う」(2021年10月)

 

The “Wall” Reveals the Nature of a Diverse Community

Text: Chihiro Taniguchi

 

In the Akebi class, we have a box chair. It’s a multifunctional chair that we use for morning meeting, lunch, playing with trains and stores, etc. However, what has been appearing frequently with this chair lately is a “wall,” which I recognize as a kind of fortress that separates “this side” from “that side”.

The creators of this wall are mainly members who came to Yamanoko from Yamanoko Home (Home, for short), such as S, F, A, K, KA, T, and H. The staff were aware that there was a different atmosphere between the children who had moved from Home and those who had originally come from Yamanoko, and that there were relatively few opportunities for them to get to know each other through play.

In the past, we have seen them playing house by themselves or playing house in their favorite outdoor space, but now that it is getting colder outside, we see they have decided to make a place for themselves inside, instead.

If they were outside, they would have plenty of space and resources to use. They would not have to worry so much about the eyes and presence of other people, and they could freely create a place where they felt safe. However, when it came to creating their own space indoors, they needed to be creative. So, what they did was to build a wall. And they chose to do it in the most blind spot of the room.

Inside a wall about 1.5 meters high that appears in the room, they bring in their own backpacks, arrange their favorite picture books, and start creating with colored pencils and paper. They describe this place as their “home,” and they create their own comfortable space inside the wall. What is interesting, however, is that they don’t just stay in this “home” forever. They go outside of “home” from time to time, playing in other places and  communicating with people outside the walls. Seeing them go back and forth in their daily life, the act of going outside the wall seems to be a kind of challenge for them to go out from their safe base to explore the outside world.

 

As a space, Akebi has become a place where people of different ages mix and live together, but aren’t they just sharing a space? How much of a sense of security do they have as a place to spend their time? These were some of the questions that arose in the minds of the staff.

 

One day when most children went out for Forest Day*. Takuto and the younger children were the only ones left in Yamanoko. As the number of children was reduced, it seemed each child was able to use the space freely. When the other members came back from the forest, they seemed to be shutting themselves in their own space. Hearing this episode made me think more deeply about the precious question and led me to reconsider the design of childcare from now. For example, we changed the composition of the members of Forest Day in the hope that they would mix in a balanced way overall, or we divided the morning meeting into two groups to reduce the human pressure. These are just some of the environmental changes, but the way staff interact with the children and their perspectives are also changing, and the mindset of the staff is also shifting, such as focusing on how to share the world of play in order for both the big and small children to feel comfortable together.

*Forest Day is a day where children spend time in the woods and immerse themselves in nature play. Forest Day takes place every week for the older children and every other week for younger children.

The other day, several members of the wall-building team dropped by the site of the barbershop, hospital, and hotel that the girls of *Team Karappo were working on, and asked, “Can you build a hospital for me and my friends?”. 

When I shared this scene with the staff during our reflection time, I found out that there was actually a story before this exchange. During the morning meeting, F and S shared their story of playing doctor with everyone, which led Takuto to mention the hospital for the girls in Team Karappo and ask, “Is it okay for anyone to come in when they get sick?”  So, after the meeting, they immediately asked the owner of the hospital and tried to enter, but they seemed to be reluctant, so they came up with a way to communicate, “Can you build a hospital for us too?”

After this, the girls from Team Karappo  told S and F that it would take a long time to build the hospital, but they persisted in negotiations and were able to get girls from Team Karappo to let them in with a conditional term.

On another day, Team Karappo had the opportunity to introduce the raffle, gacha-gacha, and vending machines that they had made. The introduction of the machines led to the development of play, with the big kids acting as store keepers and the little kids participating as customers, and there were times when I felt that they were sharing the same worldview through the same play. We are watching and imagining that the big kids are creating the outline of the play and the little kids are receiving various things while playing within that outline.

There is an expression called “safety base” as a concept of human attachment behavior proposed by the American psychologist Mary Ainsworth. It is said that the existence of a “safe base” nurtured by a trusting relationship between the child and the parent allows the child to explore the outside world, and that having a safe base allows the child to challenge difficult things and overcome difficult circumstances.

The episode introduced here is not about the parent-child relationship as Mary advocates, but about the relationship between the children’s community, but I see a link between the story happening here and Mary’s concept of a safe base.

I believe that we, as Yamanoko staff, need to take both perspectives and approaches, respecting the safe base for the children, watching over their challenges, and continuing to seek support that allows them to share their worldview in play. In order to do this, I believe that carefully observing the various behaviors and trends of the children in front of us will lead to appropriate support, which in turn will lead to the enrichment of the community.

 

*If you want to know more about the origin of the Karoppo team, please read the following article.

Encounter With Food(Oct, 2021)

 

 

RELATED

"「出会い」と「生活の過程を一緒に」"

2022.01.12

「出会い」と「生活の過程を一緒に」

”Encounter” and ” Sharing the process of life”

"オープンデイ特集[1] やまのこオープンデイを終えて"

2019.11.25

オープンデイ特集[1] やまのこオープンデイを終えて

Looking Back on Yamanoko Open Day 2019

BACK TO TOP