やまのこ保育園

惑星のようす

"「紙」の探求"

2018.06.15
Exploring Paper
「紙」の探求

職員がコピー機でプリントアウトをしていた。1枚出てくるごとに、コピー機から職員のところに運ぶ遊びをはじめたこどもたち。調子が出てきて少し雑になってきたので、「紙が折れちゃうから丁寧に運んでね」とお願い。すると「折れたらどうなるのー?」と子どもたち。
そうか。どうなるかやってみよう。
A staff was printing out copies with the xerox machine. Children started to hand over the paper to adults. When they started to get rough with paper, I said “please be gentle with the paper. Otherwise, it would crumble”. One of them asked “what happens if it crumbles?”. Well, let’s see!

印刷ミスの裏紙を貰う。そして折ってみて、と渡す。折り始めたものの、「どうやるの?どうやって折るの?」と子どもたち。折るのは少しむずかしかったらしい。折るのをやめて、いろんな紙の音を聞いてみることにした。
縦に丸めて棒にして机をたたけばポンポン。くしゃくしゃに丸めたらクシャクシャ。紙を垂らして指先で弾けばパンパン。
くしゃくしゃにしたついでに、ぎゅっと握ってSくんがおにぎりをつくった。ごまおにぎり。誰が一番小さくなるかな、と見せ合いながらぎゅっぎゅと握り、くしゃくしゃボールに。
We get some paper and fold them. But the children ask “How do I fold this? How?”
Perhaps teaching them how to fold was difficult, so we started to crumble them and make noise.
If we crumble them like drumsticks and beat it on a table, it makes a “pon pon pon” sound..
If we crumble them freely, it makes the “kusha kusha kusha” sound. If we flick them with a finger, then it makes a dry “pan! pan!” sound.
When it crumbled completely, we decided to make a rice ball and started to sing. “In this lunchbox ♪”
“Who can make the smallest rice ball?”, we started to show each other our creation. Then we started to spread it carefully so it wouldn’t rip.

次は広げてみた。ゆっくり破れないように丁寧に。
「シワシワだねえ」「くしゃくしゃだねえ」
「わあ、しわがたくさんだねえ」
「紙がおばあさんになっちゃったねえ」
「なんでおばあさんなの?」
「だって皺がたくさんだから。年取ると皺が増えるんだよ」
「みんなの体にもシワあるよ、ほら、おててにシワあるよねえ」と手相を見せ合う。
“It’s so wrinkly”
“So crumbly”
“It has so many wrinkles”
“The paper became a grandma” (said Tomoko)
“Why did it become a grandma?”
“Because it has so many wrinkles. When you become older, people get wrinkles”.
“Everyone has wrinkles. Look.” We show each other’s palms.

前後して、目の前に塗り絵をしていた子が広げた色鉛筆があったので、シワの線をなぞってみた。長い皺、短い皺。Yちゃんが紙を両手で引っ張って音を出し始めた。
くしゃくしゃ。パンパン。
私はYちゃんのマネをしたり、反復したり、しばらく紙で会話した。紙でのセッションだった。
Children were drawing prior and after the event, so I drew lines along the wrinkles with the colored pencils. Long wrinkles, short wrinkles. A girl started to pull the paper from both ends and made sound with the paper. Kusha kusha pan pan. I started to mimic her, and went back and forth with her. It was a musical session with the paper.

そのあと、Sくんが頭にくしゃくしゃの紙を広げたものを被って部屋に入ってきた。
Sくんの紙は随分シワシワで、頭の形に添ってヘルメットみたいになっていた。
「いいねえ」と私もまねっこ。
頭に載せたまま、落ちないように。しゃがんだり、立ったり、一回りしたり、すり足で歩いたり、ジャンプしたり。そこにいるみんながそれぞれ紙を頭にのせて動き出す。
The boy came in the room with a spread out paper that was once crumbled on top of his head.
Since his paper had so many wrinkles, it fit nicely onto his head and looked like a helmet.
“looks nice!”, I mimicked him.
With the paper on their heads, children started to bend their knees, stand up, bend again, jumped. They all started to move with a paper on their head.

 

 

気付けばYちゃんはクレパスを取り出して、広げた紙に色づけを始めていた。皺を感じながら塗っている感じが美しかった。その後、紙の皺にそっているのか、そっていないのかはわからないけれど、ハサミで細かく切っていた。
その後、お散歩へ。紙のボールを持って行き、公園でなげて遊んだ。
Next thing you know, the girl has a crayon in her hand and started to draw the paper. It was beautiful to see her draw. It looked like she was knitting the wrinkles on the paper. After she was done with drawing, she cut off the paper in small pieces.
After everything, we went to a park with a paper ball and threw them really far.

 

 

後日談>1週間後、Sくんがくしゃくしゃした紙を大量に持ってきて、それをひとつずつもらってみんなで色付け。Yちゃんのように、クレパスを使ったら、いい色合いのシワシワ作品ができました。

RELATED

"はじめの一歩。素材と出会う"

2018.09.26

はじめの一歩。素材と出会う

First Step: Encountering Materials

"「紙」の探求"

2018.06.15

「紙」の探求

Exploring Paper

BACK TO TOP