やまのこ保育園

惑星のようす

"2019年をふりかえって"

2019.12.31
Looking back at 2019
2019年をふりかえって

いよいよ2019年も残すところあと僅かとなりました。やまのこの12月は、専らお正月を迎えるため、餅つき、しめ縄や門松、年賀状制作等を子どもたちとすすめながら過ごしています。各ご家庭では、どのようなお正月準備をされるのでしょうか。また、2019年はどんな1年だったでしょうか。
やまのこの2019年をふりかえると、宝の山の中を歩いているような、幸福な瞬間に満ちていました。飛び上がりたくなるような嬉しいこと、じわじわとした幸せがたくさんある一方で、哀しいことや悩ましく感じることもありました。不安を抱えながら大きな試練を乗り越えようとしているご家族から、大切なことを学ばせていただいたこともありました。それぞれの家族がそれぞれの物語を抱えていて、子どももまたさまざまにその子の物語を生きているのだということを切実に実感した1年でした。そんな実感から、やまのこを子どもが育つ場所というイメージから、一つひとつの家族の物語を乗せて航行する船のようなイメージを持つように私自身が変化してきました。みなさんの大切な物語を乗せる船として、相応しくなれているだろうかと自問自答する日々です。

The year 2019 is reaching to an end. At Yamanoko, we have started to get ready to welcome the new years with children by planning seasonal events and activities together; mochi-pounding (mochi tsuki), creating seasonal decorations such as shimenawa (sacred straw festoon), kadomatsu (traditional bamboo ornament), and making new year greeting cards. We wonder how each family of Yamanoko has been preparing for the new years at home. How has the year 2019 been for you?
When I look back on the year 2019 at Yamanoko -it has been a year filled with happiness, as if I have been hiking in a treasure mountain. While there were lots of happy moments that almost made me jump with joy, and that filled me with appreciation, there were also sad and difficult moments where we learned important lessons from the families fighting anxiety and trying to overcome great difficulties. It was the year I sincerely learned that every family has a story to tell, and children who belong to their families live in that narrative And this resulted in a significant change in my own interpretation towards Yamanoko, from a place that educates and raises children to something like a big ship boarded with each and every story of Yamanoko familiy as passengers. So now I question myself everyday -is Yamanoko worthy at all as a ship that sails?

12月16日(@やまのこ)17日(@home)に、日知舎(ひじりしゃ)の成瀬正憲さんにしめ縄の滞在制作を実施いただきました。庄内に伝わる米俵をモチーフとしたしめ縄です。あけび組では、サークルタイムでしめ縄の意匠の意味なども紹介しました。 On 16th and 17th of December (first day to Yamanoko, the second day to Home), we invited Masanori Naruse from Hijirisha to create Shimenawa (lengths of laid rice straw used for ritual purification in the Shinto religion.)It is designed from t rice straw bag from Shonai area. At Akebi, the meaning of the design was explained at circle time.

最近よく思うのですが、子どもが生まれたら母になり、父になり、家族になるのではないのですね。わたしたちはそうなろうとする意思によって、母になり、父になり、家族になるのだと思います。わたしは母になって、今年で10年(お腹にいたときも含めて)になりました。まだまだ新米、しかし少しずつ私なりに母として歩み、10年一区切り。そう考えると、0歳から6歳の子を育てているやまのこファミリーは、家族としての歩みをはじめたばかり。これからの道のりは長いです。皆さんどうか息を切らせないように。確実に母に、父に、家族になってきているのだと、時々ご自分を褒めてあげてほしいです。

I have recently come to realise that we do not turn into mothers or fathers, or become a family just because the child is born; it must be the will to become one. To talk about myself -this year was the tenth anniversary as a mother (including the year I was pregnant). Day by day, step by step I have been growing into a mother for the last ten years, and yet I still consider myself as a “new mum”. From my point of view with such perspective, Yamanoko parents with children aged 0-6 have just begun their journey to create a family! This is going to be a lifelong journey; please parents, try not to pressure yourself too hard that you will be out of breath. We are slowly, but certainly becoming a mother, a father; from time to time we all should stop and take a moment to appreciate just how far we have come.

今年は全国的に災害の多い一年でした。気候変動の現実を思うと、この動きが来年は落ち着くと希望的に思うことは難しく感じます。私たちがこの現実をどのように受け止め、行動していくのか、子どもたちに注視されているような気がしてなりません。子どもたちが幸せに生きてほしい、という願いを少しでも可能性のあるものにしていくために、いまできることを具体的に実行していきたいと思います。

It was also the year that a number of natural disasters occured. When we know that climate change is happening and is the main cause, it makes it difficult for us to have our hopes up that the next year will be better. I feel as though the children are paying close attention to how we adults perceive this crisis and take actions. We would like to take specific measures to start tackling this issue by doing what we can and not end it as a mere wish for children’s happiness, but something that we can all hope for.

恒例となりつつある、子どもたちによる年賀状制作。今年は、各クラスで制作を展開しました。子どもたち宛の年賀状、ご家庭で眺めていただければ嬉しいです。 It has almost become a tradition for children to create nengajo (new years’ greeting cards). Each class except for Fuki and Urui has made their own nengajo. Please take a look and enjoy!.

2ヶ月をふりかえってみる

11月と12月のやまのこの日々を、学びと催しの観点から5つの出来事をピックアップし、ふりかえります。全体的には、「変容するわたしたち展」で蓄積したドキュメントからの気付きが起点となり、保育者個々に起きた変化が現場に反映され、より柔軟な構えが日々の保育にも展開されたように感じています。

We are going to review the days of November and December at Yamanoko from the perspective of events and lessons. Generally speaking, with the awareness that happened through the exhibition “Our Ever-Transforming Self”, causing changes within ourselves, we were able to utilize them through our everyday childcare flexibly.

 

◯PAMA-NOKO Workshop の実施/ Conducting PAMA-NOKO Workshops

9月のワークショップに引き続き、11月9日10日にもワークショップを行いました。9月のレイズドベッド(野菜を作る花壇)づくりから、11月にはコンポストコーナーづくりを行いました。ご参加いただいた保護者の皆様、ありがとうございました!

Second workshop, followed after the first one in September, was held on the 9th and 10th of November. In September, we made a few raised beds and in November, we made our very own compost station. To all the parents who have participated this event, thank you very much!


◯ 保育者の交換留学※を実施/
 Conducting an Exchange Program Between Child Educators.  

こごみ組の保育者のYさんが長野県軽井沢市の「かぜあそび」へ二週間研修へ行ってきました。その間「かぜあそび」からAさんが研修に来てくれました。一日だけの研修ではできない、じっくり関わる中で見えてくる違いや違和感を互いに提示しながら、異なる視点から保育を見つめ直す機会となりました。

Our staff, Y-san from Kogomi went to participate in a 2 weeks training in “Kazeasobi”, a childcare center in Karuizawa, Nagano. It was a great opportunity to observe and share the differences of the both worlds by looking at child education from a different perspective; an experience that can not be done from a day’s training.

※子どもだけでなく、大人や園そのものも学びあい・育ちあいたいという考えから、長野県軽井沢市にある「風越学園」と広島県東広島市の「認定こども園さざなみの森」の3園でスタッフが行き来する取り組みを試験的に始めています。来年度も継続する予定です。
*Because adults also want to learn and grow, “Kazakoshi School” from Karuizawa, Nagano, “Authorized Children’s Center Sazanami’s Forest” from Higashihiroshima, Hiroshima and Yamanoko have started a trial where staffs of each school spend time at other’s facility. We plan to continue this program next year.

 

◯ あけび組で森の日の試行/ Trial Field Trips to the Forest with Akebi Kids

11月22日の八森山遠足で森という環境があってこその子どもたちの伸びやかな時間を目のあたりにして、定期的に継続してみようということになり12月は月に3回の「森の日」を実施しました。12月の全日程終了後、今後やまのこの保育をどのように組み立てていくのか。フィールドを拡張していく可能性について議論を深めていきたいと思います。

On 22nd of November, some of Akebi children went on a field trip to Mt Hachimori. Because we saw how different children have interacted with the environment, we conducted 3 trial field trips in December.  After this month, the team shall discuss the possibilities of expanding the field of child care/education, and possible structure of curriculum at Yamanoko.

◯ 12月14・15日に合宿を行いました/We held a staff training on 14th and 15th of December.  

3ヶ月に一度のチーム合宿を行いました。開園から二年4ヶ月が経ち、これまで前提としていたことを改めて問い直す時期にきていると感じています。例えば、クラスがあること、年度途中のクラス移行があること、3-5歳児の午睡のあり方について、などなど。これまであたりまえにやってきた前提の意味を、やまのこが大切にしていることに照らして、また未来の姿を展望しながら、吟味していきたいと考えています。
こうした問題意識から、今月の合宿ではこれまでの前提を揺るがしていくような対話をさまざまなテーマで行いました。取り上げたテーマの中から二つご紹介したいと思います。

We held a staff training, which we hold every 3 months. It has been 2 years and 4 months since the opening of Yamanoko, we felt the necessity to question what we held as a premise. (For example, a system children are divided into classes, and the ways 3 – 5 year olds take naps (or don’t)) We wanted to reexamine the meaning of these cases that we might have taken for granted in the light of what we as Yamanoko consider important. From this awareness, many dialogues were held that could reshape the existence of these premises.  I want to introduce you 2 themes that were discussed.

 

①私たちが願う「6歳の子どもの姿」とは/What is the “Vision of 6 Year Old” that We Wish for?

今年はじめて卒園児が旅立っていくやまのこ。0歳からの発達を見通した上で、私たちは6歳児にどのような姿を願っているのかを個々に書き出して共有しました。私たち自身の願いを理解した上で、その願いを分類し俯瞰しながら対話していくことで、6歳児の姿を掘り下げていきました。この対話はこれからも継続していきます。また、そこから発展させて12歳までの子どもの姿まで見通しながら、その基礎をつくる0-6歳の子どもの姿を言語化していきたいと考えています。

This is the first year that we are going to have graduates. With the developments that a child has gone through since the age 0 in mind, we each shared what we wished to see in a 6 year old. By classifying the wishes and discussing them objectively, we shaped the vision.We will continue to have these dialogues. Also, with the developments till the age 12 in mind, we want to be able to verbalize the foundation of 0 to 6 year old. 

今回の合宿で書き出された「6歳児への願い」のごく一部をご紹介します。
Here are some of the “Wishes For a 6 year old” that was shared at the training. 

・つくり出す力のある人

・自分が好きなことをなんとなく知っている人

・自分の感情を表現できる人

・隣の人に親切にできる人

A being

– who has the ability to create 

– who somewhat knows what they like

– who can express their feelings

– who can be kind to their neighbors

 

・自分の身体を思うように動かすことができる人

・遊びをつくることができる人

・料理をつくることが好きな人

・火をおこすために必要な要素がわかっている人

A person 

–  who can move their bodies as they wish 

– who can create their own fun and play

– who enjoys cooking

– who knows the elements essential to create a fire

 

②子どもが「選べないこと」から考える/Thinking from “what children cannot choose”  

「子どもの〜したい」を起点にする保育をやまのこでは目指していますが、実際には子どもが選べていないことがたくさんあります。例えば、靴箱に靴を片付けないといけない。服を脱ぎ散らかしたままにできない。寝る前におしっこする。夕方暗くなったら室内に入らなければならない。といったものから、根本的に、家に帰りたいときに帰れない、といったことまで…。子ども視点で「選べないこと」を出し尽くしてみると、本当にいろんなことが選べないんですね。その状況をみんなで眺めてみると「私たちが一緒にいる意味ってなんだろう?」ということが問いとして浮かんできました。そして、したくないことに楽しみを見出していく力も必要なのではないか?どんな状況でも楽しめるってどんなことだろう?など、対話が重なっていきました。そもそも「自由かつ共同は成り立つのか?」という大きな問いにも繋がっていき、非常に実りのある対話へ発展しました。

We strive to create a childcare system derived from “what children want to do”, however, there are many things that children do not have a choice. For example, children have to put the shoes in the shoe box. They can not leave the clothes on the floor. They have to pee before they take a nap. They have to go inside after dark. Or simply, they cannot go home even if they wanted to.  When we list out “what we can’t choose to do” from the perspective of a child, the list seems to go on. This brought us to think, what is the meaning of us being together?. Is it necessary to find enjoyment in things that we do not always want to do? How can we enjoy ourselves whatever our circumstances may be? Rich discussions were had afterwards and bigger question such as “is it possible to obtain freedom while living in a group?”. 

(text: Aya Endo)

RELATED

"やまのこキャンプ レポート"

2019.10.04

やまのこキャンプ レポート

Yamanoko Camp Report

"地球歴の年間カレンダー"

2019.03.05

地球歴の年間カレンダー

Yamanoko yearly plan

"祈りの七夕プロジェクト2019 − 七夕は終わらない"

2019.10.09

祈りの七夕プロジェクト2019 − 七夕は終わらない

Yamanoko Tanabata Project 2019 -Our Tanabata Shall Never End

"ガーデンづくりワークショップ"

2018.11.03

ガーデンづくりワークショップ

BACK TO TOP