やまのこ保育園

惑星のようす

"3月から6月のやまのこhome"

2020.07.05
Yamanoko home from March to June
3月から6月のやまのこhome

3月からの3ヶ月は、人ひとり変わるとコミュニティが大きく変わる、ということを如実に感じる日々でした。ある家にひとりの赤ん坊を迎えることがどれほどその家族にとって大きな変化かを思えば、人ひとり変わることのコミュニティへの影響がいかに大きいかは言わずと知れたことですが、この3ヶ月間のやまのこhomeの構成員の変化と、コロナの影響による暮らし方の変化は、私たちのコミュニティが変容の真っ只中であることを強く印象づけるものでした。

Everyday for the last 3 months since March, I felt it sincerely that if every person changes, the community changes impactfully. It is understandable that if one baby is welcomed into a family, then the whole dynamic of the family changes. In the same logic, if one person changes, the impact within the community is changed. It was very impressionable that due to the shift in the staff members as well as the change in our lives brought by the effect of Covid-19, we are in the midst of a huge change in our community. 

 

コミュニティの変化

大人は、3月にRさん、Mさんを送り、4月に新たにNさんを迎え、6月にもうひとりNさんが育休から復帰されました。子どもは3月にHちゃんを送り、4月に2名を迎え、6月に3名がyamanokoにクラス移行しました。

このようなメンバーそのものの変化に加え、4月からのコロナ対策期間には、家庭保育に協力いただいているご家庭や、2園間の行き来制限から会えなくなったyamanokoの仲間など、同じコミュニティに居ながらもこれまで同様には関わることのできない、新しい関わり方・暮らし方への変化もありました。

The Shift in Our Community

As for adults, we have said goodbye to R-san and M-san and welcomed N-san and N-san, who has returned from a parental leave. As for children, we have said goodbye to H-chan, and welcomed S-kun and R-kun. A-kun, A-kun and K-kun went to Yamanoko.

On top of the shifts affected by these newcomers, there was a change brought by other factors such as not being able to spend time with children whose parents corporated to stay-at-home during Corona as well as not being able spend time with other friends from Yamanoko because the interaction between Yamanoko and Home have been incredibly limited.

 

これまで当たり前だった関わりが難しくなったとき、さあどうしよう、と別の関わり方を考える。本当だったら離任する職員を保護者の皆さんと囲み、座談会のようなものをして送り出せたらと考えていましたが、大勢で集うことが叶わず、きちんとサヨナラができていない、終えられていない感覚があります。でも、そもそもこのコミュニティは終える必要のない、離れても生き続けるコミュニティなのかもしれない。私たちはここで育った子どもたちが、転園・卒園で巣立っても彼らの心に生き続けることを願っているのではないか。そう考えると、終えられてないと感じる気持ちから、終える必要はないのかもしれないという気持ちに近頃変わってきて、新たな関わり方に気づかされる思いです。Rさんは今「自然の中で満ち満ちて、やまのこのみんなの事を、ふとした時に思い出してその気持ちが大きな支えにもなっている」とメッセージをくれました。Mさんは保護者の方たちが寄せ書きをしてくださった色紙を折に触れ読み返していることを、先日お会いした折に教えてくれました。離れた方の心にも、私たちの心にも、やまのこが生き続けていることを感じています。

When the interaction that was once normalized became difficult, we think of other ways to interact. Originally, we would have liked to get together with the parents to say goodbye to the staff who is leaving, but it was impossible in these circumstances, therefore there does not seem to be a closure. But perhaps, community does not have to have a closure, and it only continues to live even if we are apart. We wish to live inside of children’s hearts even after they graduate. In this regard, my mentality has shifted from a desire for closure but not seeing the necessity for one and I have become more hopeful for new ways of interacting. R-san is currently living while interacting with nature around her with so much happiness, and when she thinks of everyone in Yamanoko, she feels supported by our existence. M-san told us that she reads the letter from parents often because she feels touched by them. It is true that Yamanoko lives in everyone’s hearts even after they leave.

また、コロナ対策期間の家庭保育の子どもたちと保護者の方々の存在を感じながらの日々は、いかにここが今目の前にいない方々にも支えられて存続しているコミュニティであるかを経験する毎日でした。会う、という当たり前が当たり前でなくなり、直線的でない様々な関わり方が探られました。オンラインの集い、電話ヒアリング、Slackチャンネル等を通して、送迎以外の場で親子一緒にやまのこと交わる場、ご家庭と繋がる機会を持てたことは、今後のコミュニティデザインのヒントをいただいた気がしています。本当に多くのご協力をいただいたことに心からの感謝を申し上げます。

Also, everyday without the children and the parents that are cooperating with stay-at-home but feeling the presence everyday made me realize how just we are supported by people who are not present with us.  Just the simple act of meeting is no longer normalized, and we were asked to interact with each other in a non-linear way. New ways of interacting with each other including gathering online, conducting “hearings” on phones, and finding ways to interact with all of you in times besides pick up and drop off gave me a hint in designing the community. We appreciate from our bottom of ours for cooperating.

 

やまのこhomeというコミュニティ

2018年より「2園で1つのやまのこ」という意識で過ごしてきました。考えるのは常に2園のやまのこでした。しかし、コロナの非常事態下では、規模(園児数、職員数、部屋数等)や年齢構成等の諸条件、建物の立地や構造上の条件等、この場の具体的な条件に最も適した判断が重要となり、必然的に「やまのこhome」というものを虫眼鏡で拡大するように集中して見ることになったと感じます。

Community Named Yamanoko Home

From 2018, we have spent our days with the conscious “Yamanoko as two centers as one”. However, in an emergency situation such as Covid-19, the scale (of the number of children, staff, and rooms etc), the situation in terms of age composition, building location and structural conditions. A precise judgement became important,  and it became inevitable to look into Yamamoko Home like magnifying glass.

ここがどのようなコミュニティで、どのような構成要素、場所性、ニーズがあるのか。園児のみならず、休校の影響下にあるご兄弟児のこと、在宅勤務等の勤務形態の変化と共にある保護者の方、そういったご家族の変化をサポートするお祖父様お祖母様の存在、育休中で小さな乳児を抱えながら家庭保育に協力くださった方、エッセンシャルワーカーとしてお仕事をされている方など、それぞれのご家庭・ご家族・お仕事の状況など、このコミュニティを構成する方々への感度が一段と高まりました。

また、保育者 Mさんがレポートしていますが、このような関わる人たちへの感度に加え、ガーデン・2つの保育室・キッチンで構成される私たちの保育環境にも、改めて目を向け感度を高く持つことで、やまのこhomeという場所性や意識が、私の中にありありと浮かび上がってくるようになりました。home全体が「家族」や「家」に近づいたとでも言うのでしょうか。園児とか保護者とかカテゴライズする前に、〇〇さん、〇〇ちゃん、〇〇くんである。そのような態度や関わり方に私自身が近づいてきた気がしています。

What kind of community is it here, what are its components, location, and needs? Sensitivity to those who and what make up this community has increased: components include not only children, but also siblings who are under the influence of school closures, parents who are working with changing work styles such as working from home, the existence of grandparents who support such family changes, parental leave, those who cooperated with home care while family. Also, as it is mentioned by M-san, these interactions have made us more aware of who we interact with, as well as the environment composed of garden, two childcare rooms, and a kitchen. By taking a closer look at our composition of our place and having an increased sensitivity, what Yamanoko  is became a lot more apparent to us. My way of approaching people have become more person to person than ever, as opposed to categorizing people as parents or children.

 

いまわたしたちの取り組み

私たちのベースにあるのはただただ現実で、あらゆる視点で現実と対峙しながら、従来にとらわれないコミュニティの位置づけや役割、価値をつくってしていくプロセスにあると感じます。いま、私たちは保育の環境構成を見直しており、毎週金曜・土曜になるとその週の課題に対する改善や翌週の状況を見越しての環境のリ・デザインとアップデートが行われています。

What We Are Doing Now

Our foundation is sheerly reality and we stand face to face with reality with numbers of perspective. Where we are right now is creating a community with positionality and values that do not confine the conventional ways. Currently we are reviewing our environmental composition, every friday and saturday we are updating and redesigning our rooms with the improvements as reviews of last week’s issues and next week’s situation.

先日、生後6ヶ月の子を迎えるために環境構成や職員体制を変え、コミュニティ全体で準備をしたときには、冒頭の「人ひとり変わるとコミュニティが大きく変わる」ということを深く感じました。これまで私たちは「入園するのはふき組」とコミュニティの一部の出来事として捉えてしまっていなかったか。新しい仲間を迎える喜びと好奇心がhome全体に満ちた光景は、全てのことが関係し、網の目のように交わりながら全体的にこの場が形成されていることをあらわしていました。まさにひとつの大きな家のように、なんども変形を繰り返しながら育ってゆくこのコミュニティを、これからも子どもたち・保護者の方々・チームの仲間たちと共に耕していきたいと思います。

Recently, we have changed the environmental composition and employee system by everyone in the community, I have deeply of what I stated earlier “when one person changes, the community as a whole changes”. Until now perhaps we have looked at the fact that children coming into Yamanoko perhaps too matter-of-factly such as “the next child who will be entering Yamanoko belongs in Fuki”. The fact that there was an immense amount of joy and curiosity filled in the room by welcoming new friends showed that everything is related, and everything is woven together like a web.  Just like a big family living under the same roof, we are the community that continuously transform and grow. We will continue to plow this community with children, parents, and members of our team.

RELATED

"混ざり合う可能性"

2020.07.18

混ざり合う可能性

Blended Possibility

"保育者の「混ざりあい」が生む変化           "

2020.07.18

保育者の「混ざりあい」が生む変化           

The Changes Brought By “Fusions” of Child Educators

BACK TO TOP