やまのこ保育園

惑星のようす

"劇づくりがわたしたちにくれたもの"

2020.06.18
What Drama Project Brought Us
劇づくりがわたしたちにくれたもの

座談会実施日:2020.6.17
聞き手:遠藤綾
話し手:あけび組保育者 3名
Roundtable discussion held on: 17.6.2020
Interviewer: Aya Endo

 

ー最初にどんな想いがあって劇づくりへつながっていったのか、聞かせてください。
So what idea brought you all to drama?

Cあけび組では、個々が活動を選択できるからこそ、みんなで構築していくとか、みんなで解決していく、というような取り組みの機会があまり持てないという課題認識がありました。年長さんがあと数ヶ月で卒園するということもあって、お友達の話をじっくり聴くことや、ひとりでは難しいことにみんなでチャレンジする、というような経験を重ねたいということで、劇づくりのプロジェクトがスタートしました。

T:歌ったり踊ったりすることが好きなYちゃんの興味関心から、箱椅子と板でステージをつくることになって、そこから演じる遊びがあけび組に生まれていったということもきっかけとしてあったと思います。

C:劇づくりは、発表するために取り組んだものではなかったので、最初は発表を予定していませんでしたが、子どもたちからおうちの人を呼びたいという提案があって、急遽「あけびシアター」の実施を決めたという経緯がありました。

C: One of the challenges we had been facing as Akebi was the limited opportunity of teamwork such as getting together to create something and solving a problem together. This is due to our class usually let children choose what activity each child wants to do on the day. And so the drama project was initiated; we came up with the idea of experiencing to listen to what the classmates have to say and work on challenges that require teamwork, as it was also around the time where the eldest two children were almost graduating.

T: It also started from Y-chan’s curiosity in singing and dancing, we ended up building a stage in the middle of the classroom with box chairs and a plank, that then eventually developed into children acting on stage.

C: Our initial plan was to not have a recital. But then some children suggested that they would like to invite their parents to watch them perform, so that lead to the enactment of “Akebi Theatre”.

写真:スイミーチーム

ー3つのチームがありましたが、それぞれどんなふうにスタートしたんですか。
There were three teams. How did each team start working on the production?

C:まず、メンバーをわけるにあたって、演じることが大好きな人たちが集まったSさんチーム。みんなの前で演じることに積極的ではなかった子たちが集まったCチーム。いろんな子が混ざったTくんチーム、と3つのチームに分けました。スタートの時点でチームごとに子どもたちのモチベーションが違っていたのと、大人も大事にしたいことがそれぞれ違っていたということがあったと思います。Sさんは、演劇をずっとやっていたから、演じることが大好きな人たちはSさんチームしかないというのはすぐに決まりました。

S:私は、小学校5年生から大学2年生まで演劇をしていて、そのプロセスが身体に染み込んでいるから、劇づくりがはじまってからずっと子どもたちと一緒にどうプロダクションするかということを考えていました。わたしも一緒に楽しみたい!という、熱血な感じでのぞみました(笑)

C: First, children who have loved acting from the start got together as S-san’s team. Then it was my team composed of children who have not shown interest in acting in front of everybody, and T-kun’s team had a mix of both. Each team was composed of children with different motivation and adults with different values. S-san’s team in that sense, we all agreed that children with passion towards acting should get together with her, as she was involved in drama herself for years.

S: I was in drama club from 5th grade until sophomore at college and I am imbued with the whole process of stage production, so ever since this project started I was thinking hard, how should I get together with children to make this successful? I had all my passion on fire like, I want to be part of this and have fun!

写真:スイミーチーム

Tくんは、どんなことを大事にしたいと思って臨みましたか。

What did you want to focus on, T-san?

 

T:ちょうどサークルタイムを自分が担当する日もあって、いろいろ試していたということもあったから、子ども同士の対話をもっとやってみたい、もっとできる、という想いがありました。初回のミーティングのときに「これは僕の劇じゃなくて、みんなの劇だから。手伝いはするけど、完成させるのは君たちです」と子どもたちに宣言するところからはじめました。大人を通してコミュニケーションするんじゃなくて、子ども同士で話したり、ぶつかったりしてほしいという想いがありました。

C:前半、Tくんがあんまり介入しないことで、子どもたちの中にも「劇、やるの?」という迷いがあったような気がします。定着しないというか。

T:モチベーションがあがるタイミングは、子どもたちそれぞれで違うんですよね。最初からモチベーションがあったのは、Kaちゃん、Kiちゃんだったと思います。最初の話し合いのファシリテーターはKちゃんで、劇の基本アイデアの提案はNくんからだった。

C:子どもたちが自分たちでつくる、ということでアイデアはいっぱい出るけど、具体的に実現することは難しい。だから、三匹のこぶたチームは、何度も壁にぶつかっていたように思います。

T:やりたい且つチャレンジングなことって、それぞれに違うんですよね。Kiちゃん、Kaちゃんは台本を覚えて演じることにモチベーションがあったように思うし、Kちゃん、Rくんは、自分のイメージをかたちにすることにモチベーションがあった。Iくんは人とぶつかる、ということ自体をいきいきとやっていたように思った。それでいいんだと思ったんですよね。
6日の発表直前の3月3日の練習中、子どもたちがふわふわしていて練習できない状態だったので、僕から「もう劇やめよっか」って提案したんです。そしたら、Kiちゃん、Kaちゃんはすぐに「劇やりたい」って言って、「劇やりたい人は手あげて」とKaちゃんがみんなに声をかけたら、Iくん、Rくん、Jくん以外は手をあげたんです。それで、3人以外でやろう、となった。でも、Iくんはすぐに戻ってきて、やっぱり一緒にやるってなった。みんなで通しの練習をした後に「JくんとRくんどうする?」って、みんなと話したら「お客さんやればいいんじゃない?」という提案があった。その提案の後すぐに、Jくんがみんなのところにやってきたので、Kiちゃんが「なんでやめたの?」ってきいたら、Jくんが「絵の具したくなったから」って応えた。Kiちゃんが「そういう気持ちになったの?」って返したら、Jくんが頷いたんです。それで「もう1回やるの?」ってKiちゃんが聞いたら「やる」と応えた。その後すぐに、IくんとKiちゃんがRくんを呼びにいくと、Rくんも「やりたい」って応えた。それから、この日くらいから、Nくんのモチベーションがあがってきて、通しの練習が終わったらすぐに「もう一回練習やろう、愉しいから」って発言があって、それからは、Nくんが全体を仕切り始めました。

T: It was around one of the days where I would be in charge of leading Circle Time and wanted to try out new things with children, and one of them was to enhance communication between children, which I believed that it’s possible. At the very first drama team meeting, I started off with stating “this isn’t my production, it’s yours. I will lend you a hand, but you guys are the ones who will make this happen”. My aspiration was to have children not communicate through help of adults, but talk with each other and experience conflicts.

C: In the first half, children in T-kun’s team seemed to go through some sort of hesitation like, “so are we really acting?” as a result of him not intervening much. It didn’t really take root to some extent.

T: Every child has their own timing to increase their level of motivation. In my team, it was Ka-chan and Ki-chan that were motivated from the beginning. The facilitator of the first team meeting was Ka-chan, and suggestions of basic idea on the production was by N-kun. 

C: It’s a production by children, so many ideas do come up, but casting the ideas into shape is the hard part. That must be why “Three Little Pigs” team struggled many times.

T: I suppose something that’s challenging, but you are fascinated by differs. Kiyoka and Ka-chan for instance, they had high motivation in learning the lines and act, and Ki-chan and R-kun had more motivation in shaping their own ideas. I-kun seemed lively when he is in conflict with the others. To me it looked just about right.
On 3rd March, 6 days before the performance day, I insisted “shall we not do the play anymore?” because children’s minds seemed to be all over the place. Then, Ki-chan and Ka-chan went “I want to do the play” straight away, and when Ka-chan called out “if you want to do the play put your hands up”, everybody except I-kun, R-kun and J-kun raised their hands. So we decided to do the play without these three, but I-kun came back soon after to join the practice.
After we did the run through, I asked the team “What should J-kun and R-kun do?”, and one of the children suggested “Maybe they can be our audience?”. Soon after this conversation along came J-kun, and Ki-chan asked him “Why did you leave us?”. J-kun replied, “Because I wanted to do painting”. Ki-chan asked again, “Is that what your heart tells you?”, and J-kun nodded. Ki-chan then questioned “Are you going to join us once again?”, and J-kun answered “yes I am”. Next, I-kun and Ki-chan went to get R-kun, and he also replied “I want to do it too”. From around this day, N-kun became highly motivated that he insisted after the run through “let’s do the run through again, it’s so much fun”. After that, N-kun started to lead the team.

C:スイミーチームは「どんなおはなしやってみたい?」ときいても、誰も何もいわなかったので、絵本を3冊選んで読んだら、スイミーがいいとなって、題目はスイミーになりました。劇づくりへのモチベーションが高い人が最初はいないチームだったので、台本をつくって役を決めたり、衣装やセットを一緒につくることで、モチベーションがあがるのではないかという期待もあって、衣装やセットづくりを最初に取り組みました。そうした中で、子どもたちから少しずつ具体的なイメージをだしてくれるようになっていきました。自分でイメージをかたちにするところまではいかなかったので、材料だけは私が準備して、子どもたちがつくるというかたちをとりました。みんな最後のほうは練習愉しい!って言いながら演じていたので、演じることの楽しさは感じられていたかなと思います。

S:ライオンキングは、セリフが多かったんですけど、自分のセリフを練習したいという気持ちを子どもたちがもってくれていたように思います。チームの中でもモチベーションにグラデーションはあったけど、YちゃんとDちゃんは、中間発表で人に見られる、ということがあって変わっていったような気がします。少しずつ練習してあたためたものをみんなの前で表現する、ということをはじめて経験した人もいたと思う。最初から楽しめた人もいれば、お友達の勢いに押された人もいた。Mちゃんは最初はやらないっていって、音楽とカーテン担当だったけど、ある日急に「しまうまやる」ってスイッチがはいって、しまうま役を演じきっていた。本当に人それぞれ、スイッチの入り方が違っていたのが印象的だった。Yちゃんは演じる楽しさを知って、みんなをまとめていくリーダーになっていきました。

C: As for Swimmy team, nobody said anything when I asked “what stories do you want to do?” so I took out three picture books, read to them and then everybody agreed they want to do Swimmy for their production. It was a group of children with low motivation towards acting, so I let them start with creating script, costumes and props, hoping that their level of motivation will increase somehow. As we did, children gradually began suggesting more ideas with more concrete image of what drama they want to produce in their minds. We did not make it to the point where they give shape to their thoughts, so I prepared all the materials for them, and children created by using those materials. I suppose they ended up experiencing the fun of acting, as towards the end they said “acting practice is fun!”.

S:The Lion Kingteam had many lines so it must have been quite challenging, but children seemed to be motivated to practice their lines even at home. There was a difference in the level of motivation within the team to some extent, but Y-chan and D-chan, some of the least motivated ones, started to change after mid-term presentation, where they experienced to be watched by other people. It must have been a first time experience to express what they got after practicing day by day for some. Some of the children were having fun from the start, others seemed pushed by momentum. M-chan for instance was in charge of playing the music and pulling the curtain, saying he doesn’t want to do acting. But one day, out of the blue he said he wants to be the zebra, and he ended up rocking his role! Every child had their own trigger in increasing their level of motivation which was really interesting. Y-chan discovered the joy of acting, and established herself as a leader of the team.

写真:ライオンキングチーム

ー劇づくりから今につながっていることって、どんなことがありますか。

How has this drama project impacted the class as of now?

 

S:表現の楽しさ、表現は自由でいいということは、あの経験を通して、もっと日常的になったように思う。私は表現って日常的なもので、愉しさを可視化してくれる管のようなものだと思っているんですけど、その管が以前よりもしっかりしたものになったようにに思います。

T:僕はあけび組をみていて「相手に興味を持つ」ということに課題を感じていました。子ども同士で生み出されるものが少ないような感じがしていたんですよね。
でも、劇づくり後に、子ども同士で生み出すことが増えてきたような気がします。それは、これをつくりましょう的な予め完成形が用意された劇づくりじゃなかったから、生まれてきたんじゃないかな。演じるのを楽しむ人、イメージをつくることを楽しむ人、ぶつかることを楽しむ人、いろんな楽しみ方がある「劇」という素材を通して、大人が子ども一人ひとりのニーズがどこにあるのかということをしっかり見ながら進められたのがよかったと思う。

C:これがすごい成果としてみえた、ということは言えないけど、これまでは対大人でニーズを出す傾向が強かったのが、子ども同士でニーズを出し合えるようになってきた感じがします。子ども同士で「こう思うんだけどさ」とアイデアを差し出すと、また誰かのアイデアがそこに積み重なっていく、という経験がこの劇づくりで経験できたことは、みんなにとって大きかったんじゃないかと思っています。

S:楽しかったから、また今年もできたらいいね!

S: I feel that the joy of expressing with freedom became more common in our daily scenes after this experience. I see the act of expression as something that happens regularly in our daily lives, something like a tube that connects us to our utmost joy. And that tube, I feel, seems more solid compared to the previous times.

T: Previously, I had felt that having an interest in others was always a challenge at Akebi. I felt that we didn’t really have children getting together in the process of creation.
But now that the drama project is over, it seems like more of that is happening these days. I suppose it was the result of not initially preparing an outcome. Those who enjoy acting, those who enjoy the process of planning, and those who enjoy to be in conflict -there are many ways to enjoy a drama. It was successful how, through such educational material, the adults could look closely into what needs each child has.

C: We cannot really claim that this was a very visual re“this was our accomplishment of all”, but surely children are becoming more and more comfortable in sharing their needs to each other, compared to the time where they only did that to adults. The experience of suggesting ideas to each other to gather them up to create a production must have impacted children greatly.

S: It was lots of fun! I hope we can do it again this year. 

 

写真:3匹のこぶたチーム

RELATED

"保育者の「混ざりあい」が生む変化           "

2020.07.18

保育者の「混ざりあい」が生む変化           

The Changes Brought By “Fusions” of Child Educators

"from Garden: 木とカラスとジューンベリー"

2020.07.03

from Garden: 木とカラスとジューンベリー

Trees, Crows, and Juneberries

"はじめての卒園式"

2020.04.30

はじめての卒園式

Our First Graduation Ceremony

"混ざり合う可能性"

2020.07.18

混ざり合う可能性

Blended Possibility

BACK TO TOP