やまのこ保育園

惑星のようす

"Under The Sea Project<br>1.はじまり"

2021.10.18
Under The Sea Project
1.はじまり

1.はじまり 
2.ダンサーズチームのプロセス →more
3.クリエーターズチームのプロセス →more
4.アクターズチームのプロセス →more
5.三つのチームがミーツする! →more

 

1.はじまり

2020年夏に私は海の近くに引っ越しました。徒歩圏内の海によく通ったのですが、海水があまりにも綺麗で心を奪われました。何かすごく美しいものに触れると人間は言葉を失うものです。その後気温も上がり、ゴーグルをつけながら海に入ると、海底には光がさして魚たちが泳ぎ、美しくも怖い、とても素敵な世界でした。私は今まで以上に海が好きになり、海の中に入ることが大好きになりました。

「好き」をすると理屈なしに心は「楽しい」と感じます。この海に対する「好き」という思い(インプット)を何かしらの形で子どもたちと紡いでいきたい(アウトプット)、と思って始まったのがこのプロジェクトでした。

In the summer of 2020 I moved near the ocean. I went to the sea within walking distance, and the seawater was so beautiful, I was fascinated. Humans lose their words when they encounter something very beautiful. After that, the temperature rose, and when I entered the sea with my goggles on, the light shined on the seabed and the fish swam, and it was a beautiful and scary world. I have loved the ocean more than ever.

When you love something, your heart feels “happy” without logic. This project began with the thought that I would like to weave this “love” for the ocean (input) with children in some form (output).

ちょうどやまのこでの日々で、子どもたちは歌って踊りたいけれど、なんだか恥ずかしそうに遠慮する傾向があり、生活の中でもっと表現を楽しめたらと感じました。同時に『プリンセス』や『ホテル(ウー)マン』になりきるなど「自分とは違う何かになる」という遊びが発展中でもあったのでこれはチャンスだと感じ、そうだ!ミュージカルを作ろう!という発想が舞い降りてきました。音楽に合わせて体を動かすことは何よりも楽しいことですし、ミュージカルは「好き」を探求できる余地がたくさんあると感じました。そして、このプロジェクトで使う歌はディズニー映画Little Mermaidの中のUnder the Seaと決めていました。ビートがとても軽快で、まさに求めていた「楽しい!」という気分になれるからです。

しかし、誰もが演劇をしたいとは限りませんし、一つのミュージカルは役者だけでは成り立ちません。それぞれの「好き」が探求しやすいように、ダンサーズチーム(踊る)、クリエイターズチーム(作る)、アクターズチーム(演じる)にわかれました。そして、自分にあう表現法を見つける時間をたくさん取れるように最初の4回の練習はチームの間を行ったり来たりしていいように設定しました。最初から自分がしたいことはこれ!という子もいましたが、しばらく悩んで行ったり来たりする子もいました。
さあ本番まで1ヶ月!練習の始まりです。ここから各チームの担当者からの探求プロセスをご紹介します。

Everyday, I felt that the children wanted to sing and dance, but they tended to be shy and reserved, and I felt that they should be able to enjoy expressing themselves more in their daily lives. At the same time, the play of “being something different from yourself” such as pretending to be a princess or a hotel (wo)man was developing, so I felt this was a good opportunity. Let’s make a musical! The idea came to me. Moving our bodies to music is the most fun thing, and I felt that a musical had a lot of room for us to explore our “likes”. I also decided that the song we would use for this project would be Under the Sea from the Disney movie Little Mermaid. I decided to use the song because the beat is very lively and it gives me the feeling of “fun” that I was looking for.
However, not everyone wants to do theater, and a musical cannot be created by actors alone. To make it easier for each of us to explore what we like, we have divided the class into Dancers’ Team (dancing), Creators’ Team (creating), and Actors’ Team (acting). The first four rehearsals were set up so that students could move back and forth between the teams so that they could have more time to find their own way of expression. Some of the students said, “This is what I want to do” from the beginning. But there were also some who went back and forth for a while, wondering what they wanted to do. One month to go until the show! Practice has begun. Here is the process of exploration from the person in charge of each team.

 

text:Saeko Imai

まずは大人が自作のミュージカルを発表しました。お手本がないとイメージが湧きにくいと思ったからです。

First, the adults presented a musical of their own creation. We thought it would be difficult to imagine without a model.

 

RELATED

"Under The Sea Project5.三つのチームがミーツする"

2021.10.18

Under The Sea Project5.三つのチームがミーツする

"Under The Sea Project4.アクターズチームのプロセス"

2021.07.19

Under The Sea Project4.アクターズチームのプロセス

Actors Team’s Process

"Under The Sea Project3.クリエーターズチームのプロセス"

2021.10.18

Under The Sea Project3.クリエーターズチームのプロセス

Creators Team’s Process

"Under The Sea Project2.ダンサーズチームのプロセス"

2021.10.18

Under The Sea Project2.ダンサーズチームのプロセス

Dancers Team’s Process

BACK TO TOP