やまのこ保育園

惑星のようす

"Under The Sea Project<br>4.アクターズチームのプロセス"

2021.07.19
Actors Team’s Process
Under The Sea Project
4.アクターズチームのプロセス

1.はじまり →more
2.ダンサーズチームのプロセス →more
3.クリエーターズチームのプロセス →more
4.アクターズチームのプロセス 
5.三つのチームがミーツする! →more

 

4.アクターズチームのプロセス

「演じる=自分ではない何かになりきる」という行為は想像力を膨らませて自分の新しい部分を発見するとても良いチャンスです。そして何よりも人前に立って大きな声を出すことは緊張するけど楽しい!と感じることが、演じることの醍醐味だと思います。子どもたちとストーリーを決めて演技の練習をする上で一番大切にしたいのは、この「楽しい!」という感覚でした。そして、自分の中の海へのイメージと自分の役のストーリーとセリフをすり合わせることが大切だと思いました。よって、決めていく時にまず「子どもたちに何になりたい?」と聞いてみることから始めました。しばらくうーん、と考えてみて、はっと思い浮かぶように「お魚!」「カニ!」「海の中のマーメイド!!!!」とそれぞれのイメージが出てきました。自分のなりたいイメージができたところで「じゃあどんな気持ちでどこにいるかな?」と聞いてみたら「海の下でお腹が空いていると思うぼく」とSUちゃんが言いました。よし!これで台本がかける!と思い、他のみんなのイメージを聞き、ぱっとシンプルなストーリーを作り台本にしました。「とりあえずやってみよう!」と台本をみんなに手渡したところ、初めての自分だけの台本を手にしてすごく嬉しそうでした。そして先ほど述べたように最初の4回はメンバーの変動があったので、毎回新しいストーリーでした。

台本を渡されて自分の役が明確にわかった時、子どもたちの中のスイッチがONになったことを感じました。練習の時のエピソードをいくつか紹介したいと思います。ずっとどのチームに入るか悩んでいたSUちゃん。最初の方は不確かな表情でアクターズチームにいたSUちゃんでしたが、「SUちゃんアクターズチームにする?」と聞くと、いつも確かな大きな頷きが返って来ました。台本をとると徐々に表情が変わり、毎回練習を重ね行くたびに彼の表情に自信が満ち溢れてきました。
KOちゃんは昨年のシアタープロジェクトではカーテンの開閉を担当してくれました。踊ることも歌うことも好きなKOちゃん、今年はカーテン担当だけではとてももったいないと感じ、「KOちゃん一緒に劇やろうよ!」と声をかけると「えーー」と抵抗を見せていましたが、毎回ちょこりとアクターズチームに入っていました。セリフを家で練習して「よしっ」と言うかのような誇らしげな表情で毎回リハーサルで台本をしっかりと手に持ち参加していました。

MOちゃんとMちゃんは最初から自分は海でのマーメイドというイメージがしっかりあり、セリフを決める際もそこから外れることは一回もありませんでした。
Hくんは海の中の魔法使いになると決めました。彼にとって劇の練習は「魔法使い」(=人の病気を治すお薬作り、もしくは毒作りをする人)のイメージと現実世界を擦り合わせていくプロセスの探求の時間となっていました。どうやったら脳内のイメージと現実をマッチングさせられるか、それを追求する彼の表情はとても真剣で輝いていました。
Aちゃんは常にはずがしがりながらもトップバッターのお魚を演じてくれました。
このプロジェクトの最初から目をキラキラさせていたAOくんはカニになると決めました。

「僕アクターズチームに入りたい」と終盤で現れた、RくんとAKくん。Rくんは「わかめ」役、AKくんは「海の下の猫」役と既に自分の中で決めていました。AKくんは決まった台本の通りに話すことは最初から選択していなかったように思えます。彼の中の海の下の猫は優しく強くて他の生き物を助けるのが大好きな生き物でした。そして本当に優しいからこそ自分にも優しい像を練っていたように思えます。それはなぜかというと、毎回彼のいうセリフは変化していたにも関わらず、必ず「僕は人を助けるのが大好き」「でも人を助けられない時もある、疲れているからだ」というセリフ言い回しを変えながら入れていたからです。それがアドリブでできるって心底すごいと思いました。
このようにしてイメージと合わせた台本を作り、発声練習を重ねながら、練習を続けていきました。

The act of “acting = becoming something you are not” is a great chance to expand your imagination and discover a new part of yourself. And above all, standing in front of people and speaking out loud is nerve-wracking but fun! I think that is the best part of acting. The most important thing for me when practicing acting with the children was this sense of “fun!”. I also thought it was important to match their own image of the ocean with the story and lines of their role. Therefore, when deciding, I started by asking the children, “What do you want to be? After thinking about it for a while, they quickly came up with, “Fish! “A crab! “Mermaid in the sea” and “Mermaid in the sea “. Once they had an image of what they wanted to be, I asked her, “Where would you like to be? SU said, “I think I’m hungry under the sea.” Okay! I thought, “Now I can write a script!” So I listened to the other students’ images and quickly created a simple story and made it into a script. Let’s just try it! I handed out the script to everyone, and they seemed to be very happy to have their own script for the first time. As I mentioned earlier, there were changes in the members for the first four sessions, so it was a new story each time.

When they were given the script and knew their roles clearly, I felt a switch inside the children was turned on. I would like to introduce some episodes from the practice. SU had been wondering which team he would join. At the beginning, SU was on the Actors’ team with an uncertain look on his face, but when I asked but when I asked him if he wanted to be on the Actors’ Team, he always gave me a big, definite nod. As he took the script, his expression gradually changed, and with each practice, his face became more confident.
KO was in charge of opening and closing the curtains at last year’s theater project. She loves to dance and sing, and this year she felt it would be a shame if she was only in charge of the curtains, so she asked, “Let’s do a play together, KO! This year, we felt it was a shame for her to be in charge of curtains, so we asked, “Let’s do a play together!”. Her expressions were stale at the time, as if she were to say, “okay”. However, she practiced her lines at home and participated in every rehearsal with a proud expression on her face.

MO and M had a clear image of themselves as mermaids in the sea from the beginning, and they never deviated from that image when deciding their lines.
H decided to be a wizard in the sea. For him, rehearsing for the play was a time to explore the process of reconciling the image of a “wizard” (i.e. someone who makes medicines to cure people’s illnesses or makes poisons) with the real world. His expression was very serious and shining as he pursued how to match the image in his brain with the reality.
A played the role of the top batter, a fish, despite her constant hesitation.

R and AK showed up at the end of the class saying, “I want to join the actors’ team.” R had already decided to play the role of wakame (a seaweed) and AK the role of “cat under the sea”. AK didn’t seem to have chosen to follow the script from the beginning. In his mind, the cat under the sea was a gentle, strong creature that loved to help other creatures. And because he was really kind, he seemed to have developed a kind image of himself. The reason for this is that even though his lines were different every time, he always changed the phrasing of the lines “I love to help people” and “But sometimes I can’t help people, because I’m tired. I thought it was truly amazing that he could do that with ad-libs.
In this way, I created a script that matched my image, and continued to practice with a lot of vocal exercises.

 

text:Saeko Imai

ある時の台本。この後AKくんとRくんが加わっていった。
A script from one day. AK and R joined the actors’ team afterwards.

 

RELATED

"Under The Sea Project5.三つのチームがミーツする"

2021.10.18

Under The Sea Project5.三つのチームがミーツする

"Under The Sea Project3.クリエーターズチームのプロセス"

2021.10.18

Under The Sea Project3.クリエーターズチームのプロセス

Creators Team’s Process

"Under The Sea Project2.ダンサーズチームのプロセス"

2021.10.18

Under The Sea Project2.ダンサーズチームのプロセス

Dancers Team’s Process

"Under The Sea Project1.はじまり"

2021.10.18

Under The Sea Project1.はじまり

BACK TO TOP