やまのこ保育園

惑星のようす

"Under The Sea Project<br>2.ダンサーズチームのプロセス"

2021.10.18
Dancers Team’s Process
Under The Sea Project
2.ダンサーズチームのプロセス

1.はじまり →more
2.ダンサーズチームのプロセス
3.クリエーターズチームのプロセス →more
4.アクターズチームのプロセス →more
5.三つのチームがミーツする! →more

 

2.ダンサーズチームのプロセス

一番初めにチーム分けをした時に集まったのは5人でした。もっと集まるかと思いましたが、こじんまりとしたチームということが効果的に作用しました。話し合いのテンポが軽快で、アイデアが出て発展していくスピードが早く、チームとしてのまとまりが初回から感じられました。

海ってどんな生き物がいるの?という投げかけから出てきたのは、魚!たこ!カニ!サメ!貝!サメ!クラゲ!などなど。子どもたちの脳内は海の世界でいっぱいのようでした。出てきた海のイメージから踊りを作ってみよう!と提案すると積極的なMちゃんが様々なアイデアを出し、Mちゃんに刺激されアイデアを重ねるEちゃん、一生懸命に話を聞いて参加するKAくん、踊るのは恥ずかしいけどチャレンジしたい気持ちで揺れ動いていたSちゃん、場を仕切るKIちゃん。海の中を想像して自分たちで踊りを作っていくという共通の目的だけを持ち、それぞれは少しずつ違う姿勢でその場に集っていました。そして絶妙なバランス感で場が保たれ、チーム感が強くなっていくような感じがしました。

ほとんどの踊りは子どもたちが出した海のイメージから実際に動きをやってみて決めてみました。『初めは隠れて音楽が聞こえたら出ていくのはどう?』『ここは3人組にする?』『ぶつかって倒れてみる?』など具体的な演出まで子どもたちのアイデア。どのパートでこの振り付けを組み込むかなど少々複雑なところは大人がサポートしました。
音楽を流しながら練習を重ねていくと、クリエイターズやアクターズチームの人たちの視線が集まりました。楽しそうに踊るダンサーズを見ると、身体がウズウズする人や、気になっているが恥ずかしく、葛藤する人もいたと思います。練習3回目あたりから、クリエイターズやアクターズの人の中でもダンサーズに入りたい人たちが出てきて、ダンサーズの先人たちが意気込んで完成した踊りをレクチャーする姿が見れました。子どもたち同士でニーズが満たされ合っている様子でした。

最終的には、ダンサーズの輪は10人にまで広がり、大きなチームで踊りを完成させました。後半のフリースタイルのダンスでは、個性が出る見どころとなり、表現することの素晴らしさを見せてくれて溢れ出す感情を自然に体を通してアウトプットしている子どもたちを見て、力強さと美しさを受け取れました。

When we first divided the teams, there were only five of us. I thought there would be more, but the fact that we were a small team had an effect on us. The tempo of the discussions was light and the speed at which ideas emerged and developed was very fast, and I could feel the unity of the team from the very beginning.

What kind of creatures live in the ocean? What came out of the question was, “Fish! Octopus! Crabs! Sharks! Shellfish! Sharks! Jellyfish!” and more. The children’s brains seemed to be filled with the world of the sea. When I suggested that we make a dance based on the images of the sea, M came up with various ideas. E was inspired by M to come up with more ideas, KA listened and participated intently, S was embarrassed to dance but was eager to try, and KI was in charge of the event. With the common goal of imagining what it would be like to be under the sea and creating their own dances, each of them came together with a slightly different attitude. I felt that the place was maintained with a perfect sense of balance, and the sense of the team was getting stronger.

Most of the dances were decided by actually doing the movements from the image of the ocean that the children had created in their heads. “How about hiding at first and coming out when you hear the music?” “How about a team of two here?” “How about colliding and falling?” The children came up with specific ideas for the performance. The adults assisted with the more complicated parts, such as which part to incorporate the choreography.
As we practiced with the music playing, the eyes of the creators and the actors’ team gathered. Seeing the dancers dancing so happily made some people’s bodies itch, while others were curious but embarrassed and conflicted. Around the third practice, some of the members from the creators and the actors team wanted to join the dancers, and the dancers’ predecessors lectured them on the dances they had completed with great enthusiasm. It seemed that the children were fulfilling each other’s needs.

In the end, the circle of dancers expanded to 10 people and completed the dance as a big team. The freestyle dance in the second half was a highlight of the day, showing the beauty of individuality and expression, and the strength and beauty of the children as they naturally output their overflowing emotions through their bodies.

 

text:Chihiro Taniguchi

 

RELATED

"Under The Sea Project5.三つのチームがミーツする"

2021.10.18

Under The Sea Project5.三つのチームがミーツする

"Under The Sea Project4.アクターズチームのプロセス"

2021.07.19

Under The Sea Project4.アクターズチームのプロセス

Actors Team’s Process

"Under The Sea Project3.クリエーターズチームのプロセス"

2021.10.18

Under The Sea Project3.クリエーターズチームのプロセス

Creators Team’s Process

"Under The Sea Project1.はじまり"

2021.10.18

Under The Sea Project1.はじまり

BACK TO TOP