やまのこ保育園

惑星のようす

"Under The Sea Project<br>3.クリエーターズチームのプロセス"

2021.10.18
Creators Team’s Process
Under The Sea Project
3.クリエーターズチームのプロセス

1.はじまり →more
2.ダンサーズチームのプロセス →more
3.クリエーターズチームのプロセス 
4.アクターズチームのプロセス →more
5.三つのチームがミーツする! →more

 

3.クリエーターズチームのプロセス

大人の劇を見せた後、「(いまの舞台は)あんまり海っぽくなかったよね。ここを海にしてくれる人を募集したいと思うんだ」で始まったクリエイターズチーム。どのタイミングで、何が起こっていたのかを整理しながら、振り返ってみたいと思います。

「海に何がいる?」
そう問うた時、挙がってきた多くは「魚!」「サメ!」などの生き物でした。子どもたちは迷うことなく、自分が持っている生き物のイメージを描いていきます。しばらくしてから、5-6歳の人中心に、「魚っていう魚はいないんだよ」と声をかけました。そうすることで「自分が描きたいのはどんな魚だろう」「何という魚だろう」という思いが生まれるかもしれないと思ったからです。何人かは、用意しておいた図鑑を見ながら、その形を描き始めました。魚が出てくる絵本を隣に置いて、見比べながら自分の絵を描く人もいました。

「生き物の他に何がある?」
3日ほど経って、多くの生き物が集まってきたタイミングで、生き物以外の環境に目を向ける問いを発しました。すると「岩!波!砂!洞窟!」などが挙がってきました。これまで、絵を描くことが中心だったところから、段ボールを使って立体をつくる姿が見え始めました。実際に海を見てきて、波をつくる人もいました。その中で、魚を描き続ける人もいました。

「海に見えた?」
リハーサルを撮ったビデオを見て、実際に自分たちがつくった舞台がどう見えたか尋ねてみました。多くの人から返ってきた言葉は「見えなかった」でした。「壁が青くないから海に見えない!」「海ってもっと暗い!」などの言葉が、6歳の人から出てきます。けれども、実際にこれをやろう、ということはなかなか出てきません。それぞれが好きなものをつくっていればよかった段階から、全体として海を作り出す段階に入ったところで、みんなに共通した「海」のイメージが無いゆえの難しさが生じてきているのかもしれないと感じました。

「海の映像見てみる?」
本番まで残された時間内には、本物の海をみんなで見ることができないため、海の映像を見ることにしました。青色や黄色のセロファンを用意しておくと、映像を見てわかった光の具合を表現する人たちが現れました。光の揺れを表現するため、そしてクリエイターズチームメンバーに当日の役割を作るためにも、懐中電灯も出しました。

After showing the adult play, he said, “that (the current stage) wasn’t very oceanic, was it? We’d like to recruit people who can make this place into a sea,” and that was the start of the Creators Team. I’d like to take a look back, sorting out what was happening and when.

”What’s in the ocean?
When asked that question, many people said, “Fish! “Sharks! and sharks!” Without hesitation, the children drew images of the creatures they had in their minds. After a while, I told the 5-6 year olds that there are no such things as fish called fish. I thought this might encourage them to think about what kind of fish they wanted to draw and what kind of fish they wanted to be. Some of them began to draw the shape of the fish while looking at the picture book they had prepared. Some of them put a picture book with fish next to them and drew their own pictures while comparing them.

What else is there besides the creatures?
After about three days, when many creatures had gathered, I asked a question that made them look at the environment other than the creatures. I asked, and they said, “Rocks! Waves! Sand! Caves!” and others came up. The focus had been on drawing pictures, but now they began to use cardboard to create three-dimensional objects. Some of them actually looked at the ocean and made waves. Among them, some continued to draw fish.

“Does it look like an ocean?
After watching the video of the rehearsal, we asked the audience how the stage they had created actually looked. The answer from many people was, “It didn’t look like an ocean. “It doesn’t look like an ocean because the walls aren’t blue! “The ocean is much darker!” were some of the words that came out from the six-year-olds. However, it was hard to get them to actually take actions to make them. I felt that the lack of a common image of the “ocean” among the participants may have caused difficulties in the process of creating the ocean as a whole.

“Do you want to see a video of the ocean?
Since we could not see the real ocean together in the time we had left before the performance, we decided to watch a video of the ocean. As we prepared blue and yellow cellophane, people came up to express the light conditions they found in the video. We also brought out flashlights to express the sway of the light and to create roles for the creators team members on the day.

このような流れを振り返っていると、私たちがクリエイターズチームの場を通じて作りたかったことは、

①自分の「やりたい!」に出会えること
②「海ってこうなってるんだ!」に出会えること=自分の外側を観察すること

の2つだったのだと思います。
魚に惹かれる人もいれば、洞窟に惹かれる人も、光に惹かれる人もいます。絵を描くことに惹かれる人もいれば、造形に惹かれる人もいます。そのために、さまざまな素材を準備しておき、それぞれがやりたいと思うことをできる時間的な余白も準備しておくことが必要です。

そうすると、自分の外側にあるものに関心が生まれ、「どうなってるんだろう?」という気持ちが生まれて観察し始めます。自分が持っているイメージと現実の違いに気づいていくことは、自分を知ることにも、現実=世界を知ることにも繋がります。
ダンサーズチームやアクターズチームのように、目で見てわかりやすい表現ではありませんが、自分の「やりたい」をやっていい、という感覚を積み上げられたこと、そして観察に基づいて作るという経験ができたことは、これからの表現の肥やしになるのではないかと思います。

As I look back on this process, I realize that what we wanted to do through the Creators’ Team was
To be able to encounter one’s own “I want to do it!
To encounter what the ocean looks like = observing the outside of one’s self.

Some people are attracted to fish, some to caves, and some to light. Some people are drawn to painting, others to shapes. For this reason, it is necessary to have a variety of materials available, as well as enough time for each person to do what they want to do.

As they did this, you become interested in what is outside of you, and you begin to wonder, “What’s going on? and start to observe. Noticing the difference between the image you have and the reality will lead you to know yourself and the reality = the world.
Although it is not an expression that is easy to see and understand like the Dancer’s Team or Actor’s Team, I believe that the experience of being able to accumulate the feeling that it is okay to do what I “want to do” and to create based on observation will be useful for future expression.

 

text:Takuto Kashiwagi & Yuki Baba

アンダーザシーで出来上がった数々の「生き物」と「乗り物」
Many creatures and ships that were created during Under the Sea

 

RELATED

"Under The Sea Project5.三つのチームがミーツする"

2021.10.18

Under The Sea Project5.三つのチームがミーツする

"Under The Sea Project4.アクターズチームのプロセス"

2021.07.19

Under The Sea Project4.アクターズチームのプロセス

Actors Team’s Process

"Under The Sea Project2.ダンサーズチームのプロセス"

2021.10.18

Under The Sea Project2.ダンサーズチームのプロセス

Dancers Team’s Process

"Under The Sea Project1.はじまり"

2021.10.18

Under The Sea Project1.はじまり

BACK TO TOP